いとしきアラカン

itosikiara.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

竹のような方、さようなら。。。

d0165579_11393164.jpg
 私の敬愛している親戚の男性が90歳でご逝去されて、今日は初七日にあたる日になります。その方は、昔は特攻隊を務められていたそうで、その後は、稼業の農業に一生懸命励んでおられました。性格は、寡黙で謙虚で大変働き者です。そして人の悪口は絶対に口にせず、困っている人には、さりげなく目立たない形で自然に尽くせる陰徳の方でした。お孫さんにも、真心からの愛情を無理なく注げる方でした。威張ったり、自慢したり、人を馬鹿にして見下げることは、まったく無くて、すべてが、目立たず、さりげなく、自然な方でした。
まるで、風にサラサラとそよぐ竹のように、さわやかで自然で心の美しい方でした。
もう今後このタイプの美しい日本人は、あらわれてこないのではないかなあと感じております。
 現代は、評価主義の影響でしょうか。良い点を、ことさら、アピールして目立たせようとしてこのような、さりげなく無意識に良いことを謙虚にやったのでは評価されないので損するという風潮になってきました。良いことをするのも、人の見ている所でやり、良いことをしていると意識しながらやり、それを宣伝してめだたせ自慢するという自意識に汚された不自然な徳となっているような気がします。目立たないさりげない無意識の自然な陰徳こそ美しいと感じます。本当に美しい心に出会えて感謝しております。お世話になりました。ありがとうございます。心より、ご冥福をお祈り申し上げます


[PR]
by itosikiarakan | 2018-04-29 11:20

いとしき アラ7音頭

d0165579_16323757.jpg
 このブログ名は、「いとしきアラカン」ですが、退職の時が、還暦だったので、「アラウンドかんれき」を縮めて、この名前にしました。ところがです。実は、この度、昭和24年生まれの人は、今年が古希(*かぞえ70歳)ということが、分かりました。でも、このブログ名を変更するのは、ややこしい事になるので、ずうずうしいけれど、このままのブログ名でゆきますね。よろしく、お願いします。

 記念に、「いとしきアラ7音頭」を、作ってみました~。   ご笑納下さ~い。

心はまるく笑顔でね。
周りの反応どんなでも
マトモに、受けてはいけません。
柳に風とかわしましょ。
風に、そよ吹くカーテンさんは美しい。


心の奥の仏様
いつも、本音と相談し
本音に正直モットーに
「本音であるか?自然であるか?」
これを柱に生きようね。
「わざわざよりも、たまたまで」


生きてるかぎりは、おさんどん
どうせだったら、楽しもう!!
掃除だって「ネバナラナイ」では楽しめない。
完璧主義は、捨てましょう。
気になる所をポイントで
ついでにやってしまいましょう。
チャチャっと気軽にやりましょう。

無理ない範囲でチャチャチャ
分割払いでチャチャチャ
一秒だって苦しまず
徐行運転ニコニコと。

   お粗末さまでした~  チャンチャン。111.png





[PR]
by itosikiarakan | 2018-04-27 16:07 | 私のこと

変化を受け入れ、笑顔でゴー!!

d0165579_12082343.gif
昨日の日曜日の朝、テレビで、二人の素敵な方と出会うことができました。
 一人目の方はケネス田中さんという方で、アメリカで仏教を広め、日本では、大学で仏教を教えている方のようでした。その教えを受けた学生さんの感想が、とても印象的でした。
それは「諸行無常を受け入れて、それでも前向きに生きていくことが大切なのかな。」という感想でした。
 二人目の方は、7本指のピアニストと言われている西川悟平さんという方です。西川さんは前途洋々のピアニストでしたが、ジストニアという指が動かなくなる難病に襲われ、それでも
工夫と努力で、とても美しい音で人を感動させるピアニストとして再起したということでした。
諸行無常という変化を受け入れた後で、分かれ道になるのかなと、感じました。
 実家の母も、高齢で怪我しても、クヨクヨしないで、明るく過ごしているのは私も見習いたいなと思いました。昔の少女スケーターのジャネット・リンちゃんも、転んでも、すぐ立ち上がり、笑顔ですぐ前進した爽やかな姿は、本当にチャーミングでしたよね~!!(昔話111.png
           


[PR]
by itosikiarakan | 2018-04-09 11:43

ほど ほどで良いよ。充分 充分。。。

d0165579_15513932.jpg
あんまり、完璧を追及すると、続かないですよね。たとえば人と会うにしても、お天気や、お食事処の閉店日や、時間の調整などなど、いろ いろ気にして、その上「誘って断られたらどうしよう。。。ドキドキ!!」まで心配したら、会う前にクタクタになってしまいますよね。欲ばって、完璧と理想を追求して、不足点ばかりを取り上げたのでは、苦しくなるだけですものね。
ですから、A型女子の私ですが、ここは、鷹揚に考え方のシフトを変えることにしました。
 まあ、お気楽にいこう。たとえ、会う日が、お天気でなくたって、会えてお食事を一緒にできれば、それで充分充分!! すべてに、多くを望まず、ほどほどで良しとしなければ、続けられませんものね。 「足るを知る。」を心に刻み、すべてから、良いところを取り上げて感謝して歩けば、楽しく生きられるのかもしれませんね。110.png


[PR]
by itosikiarakan | 2018-04-08 15:47

言葉は魔法使い

d0165579_17011811.jpg
勝手に、あまり良く知らない対象を理想化してしまい、それと違う結果が返ってくると、これも勝手に傷つくことがありますよね。若い人にありがちですが、「対象に求めない。」と熟知しているはずの68歳の夢みる乙女も、充分傷付きます。でも、ネガティブな感情に引っ張られてはいけません。そんな時、私は、言葉で、自分の心にキッパリとガードのバリアをかけます。音声にして、笑顔で自分に強く言うのです。「私、気にしていないよ!! がんばってね!!」と。。。これで、いやな気分を引きずることをストップします。そして、自分の本音も、言葉で、音声にして、笑顔で自分に強く言うのです。でも事実はそのままに、しかもそれを、ポジティブにユーモラスに表現する事が条件です。
 「はじめに、言葉ありき。」と言いますか、言霊といいますか、なんでも、最初の設定が大切ですので、最初にポジティブな言葉で音声で自分に設定すると、そういう結果に近い状況に
動くと思います。たとえば皿洗いでも、「あ~いやだな。。。私、遅いし。。。」と、たとえ
心の中で言ったとしても、そういう結果に流れがちですよね。それを、「どうれ! チャッチャと、洗ってしまおう!!やれば、すぐだし!!」と言葉にすると、あら不思議!!本当に
すぐ洗い終わりますよ。。。まあ、言葉は、魔法使いなのかも、しれませんね。110.png

と、まあ、偉そうに言い切りましたけど、実は、私 お察しの通り、人一倍、メンタル弱めの、タイプなので、自分に言い聞かせるために、あえて強めに書いてしまいました。
 「ごめんなさーい。」
弱い自分を鼓舞するために、近頃は、こんな言葉まで、自分に言い聞かせています。
 「ドドドドーのドラミング!! どんな事でも、かかって来い!!
        キッパリ 受け切って 立つぜい!!」
  これでは、昔の少年漫画ですよね~  チャン チャン。111.png


[PR]
by itosikiarakan | 2018-04-02 16:57 | 私のこと