いとしきアラカン

itosikiara.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:私のこと( 187 )

プチ 楽しみ(カルテット! 人生 のオペラハウス)

専業主婦とは、限られた空間で、いかに楽しみと変化を感じながら、ささやかながらも、小さな楽しみを得るかで、ずい分違った内容になってくるのではないでしょうか。気の持ちようでは、毎日が文化祭とも思えますけれど、本人が、そのちいさな喜びを宝石のように、味わえればこその、楽しい「お家生活」にしていくことが可能なのでしょう。そこで、、これからは、いかに単調rとも思える、普通の日々の中で、変化と感動をゲットしたらいいかを工夫していきたいと思います。そこで、とても、手軽なのが、テレビです。私は、NHKBS3の、午後1時からの、映画の放送を、結構濃い映画だなあと感じていました。
 今日感激した映画は、ダスティン・ホフマンが作った「カルテット! 人生のオペラハウス」です。とても、エレガントで素敵な老後だと感じました。映像も、とても美しく、「こんな素敵で知的でキュートな老後の時をすごせたらなあ!」と、うっとりと憧れたほどでした
。・

[PR]
by itosikiarakan | 2018-06-01 20:53 | 私のこと

スッキリ元気回復!

d0165579_18021082.jpg
昨日と今日は、スッキリ晴れて気持ちまで、サラサラですね。
 でも、心模様が、なんだかスッキリしない日や、過去の失敗を何度も思い出して、それに囚われる日だってありますよね。そんな時は、どうやって、心のヨゴミを洗い流し、清々しく元気な気持ちを回復させますか? まあ、心のクリーニングとでも言いますか。。。

 あくまで、私の場合ですけど、(*私も結構、ひきずるタイプなので、いろいろ傾向と対策
を考えてみました。。。)


◎もっと、もっと大変な方がいらっしゃる事を思い、「これで、大難を小難に変えられたので感謝しよう。」と、気持ちを切り替える。

◎このブログに登場する、お喝婆さんに「喝!!」を入れてもらい、もう一人の浜辺のポリアンナ婆さんに、「ネガティブなマイナス感情は、決して拾っちゃいけないよ!!きれいな喜び貝や、おもしろ貝だけ拾うんだよ!!」と気合を入れてもらう。

◎困難に合ったら、いつまでも、ずるずるとひきずっているのは、美しくない!!それよりも転んでも、サッと砂を払い、笑顔で、決して後ろ振り返えらないで、キッパリと前を見て走る強さに、カッコ良さと美しさを感じる。無邪気な笑顔で立ち上がったジャネット・リンちゃんのように!!

◎心の奥の仏性が、喜ぶ生き方を選択する。因果応報なので、がんばってプラスの道を選んだ人を、天は必ず見ている。そして耐え忍んだ結果は、それにふさわしい結果となる。あなたを傷つけて平気な人には、良い結果は準備されてはいない。

◎愛だけが、解決の鍵となる。まず、あなたを愛し許しましょう。そして、周りすべてを
愛を込めた気持ちで接しましょう。

◎自分の失敗は、その時のありのままの自分の力だったのだと、淡々と客観的に受け入れ、自分をそれ以上に、見せようとせずに、「これが、私でーす。」と、ポップに表現する。

◎たとえ、一部の人が、あなたの失敗を笑って、突っ込んで拡大しても、その様な人は、「失敗した当事者が、一番辛いのだ。。。」という思いやりと品性に欠けた人なのです。そんな人にまで分かってもらう必要はないのです。あなたが、誠意をもって対応したのだと、ちゃーんと見ている人は必ずいますよ。その様な方との繋がりを大切にしていけば良いのです。そこだけ守れば、心無い相手など、どうでも良いじゃないですか。


◎近所の美容院発行の新聞から「瑞気」という言葉を知りました。魂を常に喜ばせて、さわやかに健康にと、魂のキレイと元気をキープする事が一番基本で大事な土台なのですね。
そこさえ、できていれば、すべて、目の前の物事に純粋にうちこめる集中力が発揮できるのですね。

◎心の中の石清水で、常に心のヨゴミを洗い流して、元気に上機嫌に清々しい心でいたいものですね。    スッキリ元気回復に、なーれ!!

◎追伸ですけど、「ウイスキーが、お好きでしょ」を作った杉真理さんが作った「ネバークライ  バタフライ」という曲が、とても、気分をキレイにしてくれますよ。(*と言っても、今日はじめて聴いて、すごく素敵!!と感じたのですけれど。。。伊豆田洋之さんが歌ったほうです。。。ぜひ、ユーチューブで聴いてみてね!!)


[PR]
by itosikiarakan | 2018-05-22 16:33 | 私のこと

すべてがギフト

d0165579_22540818.jpg
生きることは、「こうしたら、こういう結果になるはず」という自分の期待した結果ではない現実との、おつきあいかもしれませんね。でも、その現実を受けいれて慈しみ、ポジティブに解釈して、心を楽しませがら前向きに生きていけば、違った形でギフトが与えられるのかなと感じています。報いを求めずに淡々と自分の本音で良いと感じたことをやっていったなら楽しい気分になれるはずですものね。すべて良いところだけを拾いあげて、ネガティブな心のよごみは、心の奥の石清水で、サラサラと洗い流して、常に心がキレイで清々しく元気であれば、必ず良い方向へ行くのかなとも感じております。思ったような結果でなくても長い目でみれば、すべての出来事が、その人へのギフトかもしれませんね。
 どんな時でも「それも、また良し!!かえって良いかも!!」と、良いこと探しの老女ポリアンナとして生きていきたいです


[PR]
by itosikiarakan | 2018-05-17 22:37 | 私のこと

素顔のままで

d0165579_22003182.jpg
「素顔のままで」 何だか、聞いたことのあるタイトルでしょう。そうです。だいぶ前に流行った洋楽の曲名ですよね。ご存じだとは思いますが、気になる方は、ユーチューブで聴いてみてね。ねえ、優しくて癒される曲ですよね。今後は、「素顔のままで」を、ますます進めて(より、本音で!)(より、シンプルに!)という方針で、精神的スッピン化を、推進する所存でございます。(*ちょっと、村長さん風演説になりましたが。。。) つまり、今までは、これを言ったらカッコわるいし、素敵でないかもとか見栄を張り、本音の部分を隠していた部分があったと思います。でも、これからは、ブログも、より正直に、より簡潔に記載させて下さいね。よろしく、お願いします。
 
 それでは、さっそく本音第一弾から、告白します。

◎「浪曲って、ジンとくるなあ~。。しみじみするって、やっぱり私は日本人だなあ~。。」
 若い時は、何だかダサイし年寄りの聴く楽しみだなあと敬遠していたのですが、先日皿洗いしている時にラジオから「浪曲十八番」で、(東家若燕)という方が、左甚五郎を題材とした演目を演じられていました。私は、その話にグイグイ引き込まれて聴いて、つい皿洗いを忘れる程でした。日本人の遺伝子が私の心を揺さぶったのですね~。。しみじみ。。

◎「演歌って、日本人なら分かる情感とせりふだなあ~。やっぱり私は昭和の女。。。」
 私が、高校二年生の時に、ビートルズが日本にやって来て、若いころ洋楽ポップスしか、素敵と思いませんでした。ところがです、やっぱり先日皿洗いをしている時に聴いた
演歌で(四谷・3丁目)という曲を聴いたときに、良い曲だなと感じました。演歌全体への感想は、貧しくても、肩寄せ合って、けなげに生きようとする庶民のいじらしさにグッときます 。やっぱり、私は、昭和の女。。。
 それから演歌ではないかもしれませんが、好きな歌謡曲は、ちあきなおみさんの(黄昏のビギン)と、石川さゆりさんの(ウイスキーが、お好きでしょ)です。
いまさらながら、名曲だな~と気づいた曲は、井上陽水さん作曲で平野孝之さん演奏の
(いっそセレナーデ)です。黄昏時に聴いてみてね。優しさに、しみじみ。。。
 
 






[PR]
by itosikiarakan | 2018-05-17 16:14 | 私のこと

いとしき アラ7音頭

d0165579_16323757.jpg
 このブログ名は、「いとしきアラカン」ですが、退職の時が、還暦だったので、「アラウンドかんれき」を縮めて、この名前にしました。ところがです。実は、この度、昭和24年生まれの人は、今年が古希(*かぞえ70歳)ということが、分かりました。でも、このブログ名を変更するのは、ややこしい事になるので、ずうずうしいけれど、このままのブログ名でゆきますね。よろしく、お願いします。

 記念に、「いとしきアラ7音頭」を、作ってみました~。   ご笑納下さ~い。

心はまるく笑顔でね。
周りの反応どんなでも
マトモに、受けてはいけません。
柳に風とかわしましょ。
風に、そよ吹くカーテンさんは美しい。


心の奥の仏様
いつも、本音と相談し
本音に正直モットーに
「本音であるか?自然であるか?」
これを柱に生きようね。
「わざわざよりも、たまたまで」


生きてるかぎりは、おさんどん
どうせだったら、楽しもう!!
掃除だって「ネバナラナイ」では楽しめない。
完璧主義は、捨てましょう。
気になる所をポイントで
ついでにやってしまいましょう。
チャチャっと気軽にやりましょう。

無理ない範囲でチャチャチャ
分割払いでチャチャチャ
一秒だって苦しまず
徐行運転ニコニコと。

   お粗末さまでした~  チャンチャン。111.png





[PR]
by itosikiarakan | 2018-04-27 16:07 | 私のこと

言葉は魔法使い

d0165579_17011811.jpg
勝手に、あまり良く知らない対象を理想化してしまい、それと違う結果が返ってくると、これも勝手に傷つくことがありますよね。若い人にありがちですが、「対象に求めない。」と熟知しているはずの68歳の夢みる乙女も、充分傷付きます。でも、ネガティブな感情に引っ張られてはいけません。そんな時、私は、言葉で、自分の心にキッパリとガードのバリアをかけます。音声にして、笑顔で自分に強く言うのです。「私、気にしていないよ!! がんばってね!!」と。。。これで、いやな気分を引きずることをストップします。そして、自分の本音も、言葉で、音声にして、笑顔で自分に強く言うのです。でも事実はそのままに、しかもそれを、ポジティブにユーモラスに表現する事が条件です。
 「はじめに、言葉ありき。」と言いますか、言霊といいますか、なんでも、最初の設定が大切ですので、最初にポジティブな言葉で音声で自分に設定すると、そういう結果に近い状況に
動くと思います。たとえば皿洗いでも、「あ~いやだな。。。私、遅いし。。。」と、たとえ
心の中で言ったとしても、そういう結果に流れがちですよね。それを、「どうれ! チャッチャと、洗ってしまおう!!やれば、すぐだし!!」と言葉にすると、あら不思議!!本当に
すぐ洗い終わりますよ。。。まあ、言葉は、魔法使いなのかも、しれませんね。110.png

と、まあ、偉そうに言い切りましたけど、実は、私 お察しの通り、人一倍、メンタル弱めの、タイプなので、自分に言い聞かせるために、あえて強めに書いてしまいました。
 「ごめんなさーい。」
弱い自分を鼓舞するために、近頃は、こんな言葉まで、自分に言い聞かせています。
 「ドドドドーのドラミング!! どんな事でも、かかって来い!!
        キッパリ 受け切って 立つぜい!!」
  これでは、昔の少年漫画ですよね~  チャン チャン。111.png


[PR]
by itosikiarakan | 2018-04-02 16:57 | 私のこと

ありのままを全部受け入れる

d0165579_15130081.jpg
今日テレビで、定年後の同窓会に参加することを題材にドラマを、やっていました。私は、家事のかたわらチラッと観ただけなので、詳しくはわかりませんが、市村正親が演じる男性が自分の人生を振り返って、「子供の時は、目立つ花形だったのに、それ以降は目立たずに、パッとしなかった。。。」と、その現実を受け入れられず、劣等感のようなものを感じて、落ち込んでいる様でした。でも、私は、何だか、それでは、世間の一般論の物差しで人生の成功を考え、その基準にあわなかったら失敗した人生と思っているのかなと、一般論に合わせようとしている生き方には、少し違和感を覚えました。目立つことや、出世したり、名前を上げたりする事のみが人生の成功だとは思いません。私が、魅力を感じる生き方は、ありのままの現実を、潔く受けきって許して、自分の本音に正直に行動する勇気と純粋さのある生き方をする人には、たとえその人が、目立たなくても、(*むしろ、地味って渋くてかっこいい!)、出世しなくてもお金がなくても、自分の本音を裏切らなかったので、人生の成功者だと思っています。たとえ、それが、世間一般には認められなくてもです。「世界でたったひとつの花」なのですから、勝ち組とか、負け組とかの捉え方ではなく、特性の違いで、それぞれに咲くからこそ、美しいのではないでしょうか。すずらんに、「ひまわりの様に太陽に向かって顔を上げろ!!」と言っても無理ですよね。すべて、その特性のままに無理なく精一杯生きるのが自然の姿として、一番美しいのではないでしょうか。ひまわりだらけでも、すずらんだらけである必要も、ない訳ですから。   すべての花に、リスペクト!!

   ◎勝ち組とか、負け組とかの、一般論の価値観にふりまわされない。
    (世間に気に入られようと、周りの顔色を伺う生き方は、魅力がない。)

   ◎ありのままの自分と現実を、欠点も含めて全部まるごと「受け入れる」潔さと「許 
    す」強靭な許容力

   ◎そして、そこを基点として、自分の本音では何がしたいのか?そして、何ができそう
    かを考える。(本音に忠実に楽しんでいる人が、一番魅力的! たとえ、それが、世
    間一般からは、評価されない事でもです。近ごろ、魅力を私が感じた方は、庭師の補
    助の草取り専門の仕事をなさっている方です。速い! キレイ! 完璧! さすが、
    プロの仕事です。真心が光っています。)

   ◎いわゆる勝ち組の方々も、それが、自分にある力を出力した結果であるならば、それ
    も、その方にとってありのままの姿なのでしょう。その場合は、自他ともに認められ
    た事実なので、比較的葛藤は感じないかもしれません。でも、いわゆる負け組の方々
    も、世間一般の評価を得られなくても、本人がありのままの自分の現実を、まるごと 
    受け入れる潔さと、ありのままの本音に忠実な強さがあれば、世間一般の評価が得ら
    れなくても人生の成功者だと思います。
    
   (自分を、まず愛しましょう。基本!! 
     愛とは、ありのまま欠点も含めてまるごと受け入れることでしょか?  
     自分に対しても、ありのまま欠点も含めてまるごと受け入れてあげましょう!) 
          (すべてに○! 自分に×は、つけないでね174.png

と、まあ、自分に言い聞かせるために、まとめたという訳でした。
 
 実は、私も、会合の近況報告で、皆さんが、趣味やボランティアで、素晴らしい成果を報告されるのを聞いて、比較して落ち込んでいた時期がありました。
 世間一般の評価に耐える結果を残した方は、そういう力が内在していて、当人の努力が加わって開花したわけですから、その方のありのままの姿でしょう。
 特別に、世間から評価される程の成果を残せなかった場合人も、本人の内在する力と努力の結果ですから、当人のありのままの姿です。どちらのタイプも、ありのままに自然に伸び伸びと、生きれば良いことです。    楽しみながら!受け入れながら!許しながら!

と、またまた、だいぶ自分に言い聞かせてしまいました。

 ちなみに、現在の私は、与えられていることを、いろいろ考えてみました。
そうしたら、私には、特技とまで自慢できることは何も無いけれど、好きなことや、楽しみにしていることが、ささやかながら、いっぱいあることに、気が付きました。
 
 ◎私のささやかな楽しみ

  ○手作りのお菓子を作って、実家の母の家に行き、妹とお茶会をすること。

  ○着物を着て、家で茶道の盆略点前を復習すること。

  ○新発売のお菓子が発売されると、一度は試してみること。

  ○夕食前の赤ワイン。

  ○バロック音楽を聴きながら、ブログで、おしゃべりすること。

  ○昭和レトロな料理や行事や服装を、楽しむ。

  ○庭の花を、ほめること。

  ○テレビで、世界の旅行を楽しんだり、興味のある料理が放映されたら、おいしそうなの
   で、実際自分も作ってみる。
 
  ○皿洗いしながら、NHKラジオで、古楽・邦楽・クラシック音楽を聴くこと。


と、まあ、ささやかな事ばかりですけれど、「これが、私で~す!!」   これが、ありのままの私の力なのですから、それを受け入れて、平凡な日常に感謝し、おさんどんに、気持ちを込めて暮らしていけたらいいなあと、思っております。
道元さんも、日々の暮らしの作業に心を込めることが修行だと仰って下さっておりますから。

  



     











[PR]
by itosikiarakan | 2017-11-26 14:58 | 私のこと

この世は、ワンダーランド!

d0165579_19221103.png
不思議の国のアリスではないですけと、人生の秋の季節を迎えますと、一歩、幽玄の世界に入った気分になります。かすみ目になったせいか、絵画で言いますと、写実主義の世界から、印象派の世界に入った気分です。自然な時の流れですから、悲しまずに、淡々と受け入れて、「はあ~こういう世界なのね!」と味わって、おもしろがって、楽しんでいけたらとも、思います。いちいち、変化を気にしていたら、この先やって、いけませんもの。。。
 そもそも、この世は、ワンダーランドと思いませんか? この大自然 大宇宙のプログラマーは誰なのかしら? 人間の誕生までの10月10日だって、人類の進歩の道程と、ほぼ同じと聞いたような気(ひょっとして、私の思いちがいかな~!)がするし。不思議なことがいっぱい!
 近頃読んだ本で、ますます、その思いが強くなりました。それは、駅のコンビニで出会った
「ヒマラヤ聖者のいまを生きる知恵」(PHP文庫)です。 (*念のため申し上げますが、私は、決して、あやしい本の愛好者ではありませんので誤解しないでね。179.png
 
 その要点は、次の通りです。(ひょっとして、要旨のつかみ方が違っていたらごめんなさ   い。)

   ◎人には、すべてコア魂の部分に、大自然大宇宙の源の分霊が入っている。(「すべて
    のものに仏性有り。」とか、「人は神に似せて造られた。」と同じなのでしょうか?)

   ◎その源の分霊は、とても清らかで無邪気で純粋でシンプルなキレイで自由な魂である

   ◎でも、人間は、大人になるにつけ、損得・利害・世間体・一般論・ねばならない等の
    こだわり・見栄・余計な計算で、心を、煩悩と邪心の垢で汚してしまっている。
    
   ◎その心の垢を、洗ってそぎ落としていって無心になり、源の本来の自分の魂と出会う
    ため艱難辛苦が、磨き石となる目的で人生に準備されている。きれいな心と本来の源
    の魂とシフトがぴったりと合されたときに、すべてが調和してくる。

   ◎大自然・大宇宙の構成物質と、人間の構成物質と同じである。人間も自然の一部であ
    る。(なぜか、自然の風・水・植物・動物などが、心安らぎ癒されて、なつかしい気
    持ちになりますね。アミニズム的な自然の魂を感じる東洋的感性には、共感します)

すべての、生きとし生きる物に、慈しみの気持ちで接して、おだやかに、コアの源の純粋な本来の自分に出会うための旅が人生という、東洋的な感性に癒されます。
「唯一絶対の一神教」でそれ以外は、全部邪教と抹殺する感性ではなく、「違いを認めそれを
 尊重しながら、共に生きていく世界」は、難しいのでしょうか。すべての人に平安が訪れる
 世界に、なりますように。。。    

   
                        

   

[PR]
by itosikiarakan | 2017-11-23 16:45 | 私のこと

徐行運転とポイント家事

d0165579_12364213.jpg
下山のお年ごろになりますと、体力・知力ともに落ちるのが、ありのままの姿です。
いままでと、同じ様にこなそうとすると、当然無理がきます。
 そこで、私は「衣・食・住」を、シンプルライフ(*別名手抜きライフ111.png)に変えました。

◎「衣」=安いサービスデイにクリーニング店に行って、ワイシャツなどは、お願いする。

◎「食」=あまり食べられなくなったので、少量作る。種類も作りすぎない。こなせなくなって 
     いるので、食べすぎ飲みすぎを避ける。(じつは、この逆もしょっちゅう129.png


◎「住」=機械的に定期的に、「ねばならない!!」と根性でこなしていたが、気になった場所
     を発見したときに、少しずつチャチャとやる。
     大掃除なども、「何がなんでも、12月にやらねば」ではなく、正月前後の3カ月間
     に、「1年に1回はやろう。」と分割払いで、こなす。

「ほそーく ながーく」がんばるために、ゆるやかな徐行運転で行きますね。109.png 
でも、屋台骨が、がたついているので、骨格の、真心と根性まで、省くと、あっという間にくずれるので、そこだけは、省かないように、がんばるね!!  
   

[PR]
by itosikiarakan | 2017-11-23 12:33 | 私のこと

ちょうどでない事とのおつきあい

d0165579_11495154.jpg
晩秋の季節に思うことは、「この世は、ちょうどでない事との、おつきあいなのかなあ~」という感慨です。ちょうどではない自分。ちょうどではない状況。ちょうどではない結果。そのちょうどでない事と、どう楽しみながら、味わいながら、おつきあいするかで、技量が問われるのかもしれませんね。あやしながら、だましながら、笑顔でね。そして、「私だって、ちょうどでないところを許してもらっているのだから、別にいいよ~110.png」という気持ちで過ごせたらいいですね。基本は、自分が好きでいること。良いところを探すこと。いちいちちょうどでない事を気にしていったら、この先 きりがありませんよね。だから、鷹揚に受けきって、気にしない。と、以上の様な事を、自分に言い聞かせています。だって、昔から言うじゃないですか~。 「足るを、知る。」ってね。まあ、良いところを探して感謝して、ほどほどのところで満足するという事でしょうか。そのほうが、不足を探してトゲトゲと暮らすよりは、穏やかに暮らせますもの。112.png


[PR]
by itosikiarakan | 2017-11-23 11:33 | 私のこと