いとしきアラカン

itosikiara.exblog.jp
ブログトップ

母の日の筍ご飯

d0165579_23372036.jpg
私は、毎年「母の日」には、筍ご飯を作って、日頃の感謝としております。今までは、さまざまな具を入れた筍ご飯でしたが、近頃は、シンプル イズ ベストというか、簡単なやり方になってきましたので、今後も、今年作ったレシピを基にやろうかなと思っております。
 ここらで、ちょっと自分の覚え書きのために、書き留めておこうという事で記載させていただきました。


①.筍の汚れをさっと洗い、筍に縦に中心部まで切れ目を入れる。

②.①の筍を大き目の鍋に入れ、糠の入った水又は米の研ぎ汁と赤唐辛子1本で、約1時間 
 ゆでる。

③.②を鍋に入れたまま、そのまま冷ます。(*一晩、そのままにしておく。)

④.翌朝、白米2合+もち米1合=3合を洗って研いで、3合の水とだし昆布5Cmと共に 
 電気釜に入れて1時間浸水しておく。

⑤.③の鍋をそのまま流しの下に運び、鍋に入れたまま筍の皮をむく。その後流水で糠を洗
 い流す。

⑥.筍を、いちょう切りにする。油揚げ小サイズ2枚を油ぬきした後、線切りにする。

⑦.⑥を、出し汁・薄口しょうゆ大さじ2・みりん大さじ2・酒大さじ4で煮切る。

⑧.④から、大さじ7+小さじ1の水を捨てる。(だし昆布も取り除く。)

⑨.⑧に、酒大さじ5・しょうゆ大さじ2・塩小さじ1を入れて、水つもりは3合弱にして
  かき混ぜてから、炊飯のスイッチを押す。

⑩.⑨が炊き上がったら、⑦を入れ10分間蒸らす。

⑪.⑩をおひつに入れ、さっくりと、かき混ぜる。


 それぞれのご家庭で、我が家流のおいしい作り方があることでしょう。
手間が多少かかっても、旬の食材は、それだけの満足感と元気さを味あわせてくれますね!!











[PR]
by itosikiarakan | 2018-05-14 22:40 | 料理