いとしきアラカン

itosikiara.exblog.jp
ブログトップ

人生は勘ちがいと自己満足

世間のあるべき一般論の枠内に、自分をおさめなくちゃと、無理やりがんばった時期もありました。でも、ある時から、自分が世間のあるべき一般論に踊らされていた事に気が付いたのです。その辺の心情は、このブログの「勘ちがいに気づくまで」(2014・8・5)や「負ける事で得られる宝物」(2014・7・23)に記載させていただきました。 くくって言ってしまえば、「人生は勘ちがいと自己満足」なのではと、思っています。(エラソーですみません。。。)
人は、それぞれ各人の生き方で、ケナゲな程、生きるのに精一杯だと思います。何とかして、どうにかして小さな幸せを守ろうと自分を保っているのです。望ましいライフスタイルをTV等で提案され報道されると、そのあるべき姿に外れた自分を責めてしまいますが、その様に生きるのは、それぞれ持っている物が違うのですから無理があるのではないでしょうか。人様のためにがんばれるのは、本当に意義があり素晴らしい事ですが、最終的には、その行動を通して自分が満足感と達成感と充実感を味わえるからではないでしょうか。どんな素晴らしい行動でも、人は、本能的に、自分にとって最もストレスがなくて自分の本心の満足を求めて行動していると思います。でも、それで、良いのではないでしょうか。各人自分の得意で好きな事や気の済む行動を通じてそれがたまたま周囲の人々を喜ばせられたらば、、ウイン・ウインですよね。最初から、人のためにと構えず、自分のためにやっていいてOKだと思います。人のためにとかは無理で続かなくても、自分の気のすむ事や好きな事ならば自然と無理無く続けられると思うのですが。
「まず、楽しんでいる自分ありき。」でしょうか。結果、周囲の人々に喜んでいただける程のレヴェルに達していなかったり、見当違いであっても、前向きに楽しんでいる姿は、周りに押しつけなければ、楽しい空気を提供するのではないでしょうか。でも、特別得意な事がない場合(*私で~す。)でも、「気持を込めて普通の日々をていねいに過ごそう!!」とか、「笑顔をふやそう~」でも、達成感を味わえるのではと思っています。

次の言葉が、私を励ましてくれます。

◎真心こもっていれば、いいんだよ!!
    (私が焼いてきたクッキーを読書会に振る舞う勇気がなかった時に、この言葉で、生徒が励まして       くれました。 料理が上手に仕上がらなかった時に、この言葉を思い出すと、落ち込まずにすみます。)

◎自分にも、相手にも、まるをつけよう!(ありのままを受け入れて、良いところ、おたがいにみつけよう。)

◎「ねばならない!」から「やりたいナ!」へ(自分の本音を大切に!マイペース大切。。。)

地味で平凡な私ですが、毎日を大切に、私なりに私らしく、歩っていきますね。
世間のあるべきスタイルに無理やりあてはめずに、自分の本音に正直に、竹のようにサラサラシンプルに。

d0165579_11581866.gifd0165579_11594418.gif



[PR]
by itosikiarakan | 2016-04-25 15:45 | 私のこと