いとしきアラカン

itosikiara.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

すべてを受け止め楽しもう

どんな状況も、受けきろう!
そして、それを楽しもう!
それから、笑い話にしよう!
会話は、キャッチボール!!
受けて、変化球で返そう!
胸張ってね!
顎ひいてね!
003.gif
d0165579_16244855.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2013-11-24 16:22 | 私のこと

人って、おもしろいね。

私は、けっして対人関係は得意ではありません。本音をいえば、犬や猫のほうが、まだ良いです。傷つきやすい乙女(?ずうずしいとは、思いますが、あくまで、言葉のあやです。あや!)の私は、人と会うとぐったり疲れ
反省しきり、クヤシサしきりとなります。それでも、人と会ってこそ、日ごろの思いの実習になりますし、考えのヒントをいただけるのです。人なかに入っている時は、そんな、余裕はないけれど、一歩距離を置くと、傷つけたり、傷つけられたり、焼きもち焼いたり、恨んだり、優しくなったり、無視したり、その人なりに生きるために、一生懸命なんだなと、いとしくおもしろく思います。(朝ドラの、「ごちそうさま」の西門家の女性たちをみて感じたいろいろ
021.gif
d0165579_14425655.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2013-11-12 14:26 | 私のこと

真の乙女になるために

今、まさに、乙女のみなさま!!、そして、せめて心だけは、乙女でありたいという、昔の乙女のみなさま!!
ほんのいっときの身も心も美しいあの乙女の時に思いを馳せ、真の乙女になるための道を、ここで、ご一緒に探してみませんか?
私なりの、乙女の条件を、次のようにご提案させていただきました。

相手の恥は、周囲の皆さま方に分かられないように、隠してさしあげることですわ(おもしろいからといって相手の失敗や恥ずかしいことを、皆さまにお知らせするのは、思いやりのない品のないことですわ。)

◎自分が、たとえば、お仕事などで前任の方より、上手におできになっても、その素晴らしい自分の仕事ぶりを、自分の口から「前任者に比べて、自分はこんなにできる!」などと、公言するのは、つつしみと謙虚さに欠けて美しくございませんわ(やはり、乙女は、「前任者の方の基礎の上で、精一杯、お仕事させていただいております。」というふうに、前任者の否は、自分の胸だけにとどめて、黙って自分なりの仕事ををもってやっていけば、底光りの美しさで、言わなくても、ちゃんと見てくれる人はおりますよ。)

◎プレゼントを送られてきたときに、どのようにあなたは、反応なさっていらっしゃいますか?たとえば、自分の好みではないプレゼントだったり、今後、相手とは交流を断ちたい方からのプレゼントだったり、必ずしも内心嬉しくない場合の反応についてです。ある方は、本当は嬉しくないからと言って、反応しないかもしれません。
ある方は、後で手紙を書くようにと思ってつい後回しになるかもしれません。でも、送った方は、気に入らなかったのだろうかとか、今後交際を止めようとしているのだろうかとか、自分は嫌われているのだろうかとか反応が無いので、すごく気をもんでいるのです。お返しの品が欲しいのではありません。たとえ気に入らないプレゼントであっても、「こんな自分を思い出していただいて、送ってくださったその気持ちがありがたい。」と、プレゼントをいただいたらば電話ででもすぐ反応してさしあげるべきですわ。たとえ、交際を今後続けたくなくても、品物が気にいらなくても、それは、別に解決するとしてね。プレゼントとは、品物より心に感謝ですもの。

3人で、お食事などするときは、3人に平等に視線を向けて一人ぼっちになる人がいないように、気くばりしてこそ、素敵な真の乙女ですわ。(どんなに、能力に優れていても、平気で自分の好みの人にだけ話かける人は、マナー知らずの品のない人ですわ。)

d0165579_1143630.jpg


それでは、皆さま、真の乙女になるために精進いたしませう。。。 それいゆおばさん  030.gif
[PR]
by itosikiarakan | 2013-11-12 10:46 | 和ごころ

八千草薫さん、素敵!!

市の図書館に、本を返しに行って、ついでに、雑誌(正確にはおぼえていないけど、「いきいき」のような。。。)
で八千草薫さんの特集を読みました。素敵な言葉が、いっぱい!!ご紹介しますね。
(またまた、正確にはおぼえていないけど、だいたいこんな言葉でした。)

☆ちょっとだけ、がんばるのよ。 (なるほど!!自然にまかせてばかりだと、いっきに、やらなくなるものね。若い時の上り坂を登るような競争原理で生きるのではなく、ある程度のバリアと負荷で、坂道を上手に下山できるのでしょうね!! ちょっとだけ、がんばろう!! 辛くならない範囲でね!!)

☆どんな状況でも、楽しもうとしてるの。(そうだよね~!!辛い状況でも、その中から、常に楽しもうと笑顔でいられたらいいな!!そして、時には、それを喜劇に変えられたらいいな。自分のペースで、一歩ずつ、一般論に踊らせられずに、自分らしく、自分の心の声に正直に!!)
001.gif
d0165579_16483324.jpg


☆せめて、外観の形(姿勢・所作・表情)だけでも、キレイにしよう!!(これは、私の思いを勝手に加えてみました。見目形の美しさや心の根本からの美しさからキレイにしようとするのは困難だけど、全然、キレイさが無いよりは良いので、せめてたたずまいぐらいは、さわやかさにしたいなと、シグサがドタドタ系のアラカンは、自分に言い聞かせていま~す。012.gif  
    ゆっくりと、一歩ずつ。。。

[PR]
by itosikiarakan | 2013-11-08 16:40 |

ラジオからの胸キュン音楽

皿洗いの時は、ラジオを聴きながらです。その時、私が胸キュンとなった音楽は、次の曲です。 それから、TVで聴いたのもね。 (*随時、追加しますね!!)

☆ジャニーギター    ☆シューベルトのセレナーデ    ☆グリーンスリーブス

☆アーリー オータム  ☆春色の午後     ☆マドンナの宝石   ☆ヴェニスの夏の日  

☆ビック スペンダー ☆秋の歌(チャイコフスキー)  ☆愛の夢(リスト) 

☆「マザーランドピアノ小曲集」(ブリアティシヴィリ) 
   

☆?*曲名分かりませんがキュートな声(キナ グラニス) ☆ソルヴェイクの歌(ペール・ギュントから)

☆ファンタジア


だいぶ、雰囲気が曲ごとに違うけど、ユーチューブで聴いてみてね!!
016.gif
d0165579_1611297.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2013-11-08 16:08 | テレビ・ラジオ

素敵な終末

近ごろ医療関係の本を、2冊読む機会がありました。とても、素敵な生き方=終わり方が紹介されていました。しかし、私も、根性が曲がっているせいか、とても素晴らしすぎて、「あんな、素敵でカッコイイ終わり方をしなければいけないのか?」というプレッシャーも感じました。私は、入院しているだけで、家族に負担をかけているのに、そのうえ、「自分としては、こういう事もしてみたい。実現したい。」などというようなことは、とても言えませんし、やる力もありません。人柄、才能、善意だけの周囲に恵まれた人達の、希有な夢物語のように感じられて、現実的にはありえないような気がします。私も、年齢を重ねるにつれて、一般論を素直に信じなくなってしまい、すべての考え方に、一長一短があるので、これだけが、正しいというような考え方はないのではないかと思ってもいます。一般論の裏側も、感じております。たとえば、

◎「家族で、介護するのが、病人にとって、一番幸せである。」という考え方が主流=一般論
著者は、そんなことはおしゃっていないとは思いますが、文面から、「家庭こそが、病人にとって、最も安らぎ幸せを感じられる場所だ。」という雰囲気が伝わってきます。でも、家族の負担を思う時、病院職員にならば、仕事内のことなので、頼めることも、家族には気をつかって遠慮して言えない面もあります。病院のほうが気をつかわないという事もあります。家族の負担はそうとうのものだと思います。

◎「家族、友人達に囲まれて終わりを迎えるのが幸せだ。」という一般論
皆さんそれぞれ、生きるのに精一杯だと思います。特に感動的な終わりにしなくても、無理ない範囲で集まって、普通の延長上に終わりがあるというのが、好みです。

◎「告知こそが、病人の人生にとって悔いない時間を全うさせる、偽りのないやり方だ。」という流行の一般論
告知の結果、自分の気持ちをコントロールできて、やるべき事をきちんとやり、自分のやりたい事もやり残さず悔いなく残された時間を過ごせる方も、いらっしゃるでしょう。それはそれで素晴らしい終わりで心より尊敬の念を禁じえません。しかし、告知の事実に耐えられず、残された時間を、一喜一憂のストレスに塗りつぶされる方も多いのではないでしょうか。私の好みは、ピンピンコロリなので、それに近いのが、告知しない方法のような気がします。やるべき事を後の人に残して不完全な形で人生を終えても、それは、それでピンピンコロリならばしょうが無いのかなという気もします。大部分の方々が、さりげなく、普通の延長上に、特に感動的にでもなく、特に素敵にでもなく、特にカッコよくにでもなく、淡々と普通に最後の時を送られています。そのような終わり方に価値がないなどとは、とても思えません。むしろ普通が好きです。あくまで私の好みですが、ちかごろは、素敵なことや、特別なことや、カッコイイことは、すべて疲れます。なぜか、コントロールなしの不完全さに無理がない自然さを感じているのかもしれません。人間の本音で自然なのは(ポジティブ50%)
+(ネガティブ50%)と本で読んだ影響で、善意100%の対応が逆に不自然で落ち着かない気分にさせるのかもしれません。やっぱり根性曲がりのアラカンでした~!!
012.gif
d0165579_15534621.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2013-11-08 15:30 | 私のこと