いとしきアラカン

itosikiara.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ひきつづき、手帖から

「バカバカ音頭」

私、バカ
あんた、バカ
みんな、バカ(ソレッ!!)
バカの種類が、違う~だけ~

本当のバカを、教えるよ
人の悩みを聞いた時
「あなたは、どうして、できないの?
やっぱり、あなたは、バカなのね。
私は、できます。リコウだし。」
こんな答をする奴が、本当の本当のバカな奴~

本当の利口を、教えるよ。
人の悩みを聞いた時
ひとまず言いましょ
このセリフ
「うん、うんワカルー
そうだよねネ!!
私もあるよ。そんな時」
人の弱さを責めたてず
共に弱さを、わかちましょ。
こんな答えをする奴が、本当の本当のオリコーウサ~ン

私、バカ
あんた、バカ
みんな、バカ(ソレッ!!)
バカの種類が、違う~だけ~(1999年手帖から)
003.gif
d0165579_17292914.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2013-01-23 17:15 | 私のこと

ひきつづき、手帖から

「中年小唄」

50過ぎたら、この命
グリコのおまけさ
ありがたい。
せめて、伸び伸び暮らしましょ。
やりたい様にやりましょう。

検診結果を見るたびに
くよくよしてたら、きりがない。
50過ぎたらあたりまえ。
「変わらないものは、ないんだよ。」
人生、苦労は付きものさ。
いちいち気をもみゃ、身がもたぬ~

一人で、あれこれ悩むより
ひとまず、検診受けましょう。
もしも、無事なら良かったね。
無事でなくても良かったね。
今なら治せる
間に合うよ。
お知らせサインは
ありがたい。
教えてくれて、ありがとう。
すべて、受け入れ、ありがとう。

心はまるく柔らかく
柳に雪折れありません。
自然体こそ美しい。

年をとる程
心根は、せめてサラサラ美しく
常に、相手の身を先に
年をとってる意味がない。
自制心こそ、心いき。
コントロールこそ、心いき(1999年手帖から)
012.gif
d0165579_1725698.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2013-01-23 16:56 | 私のこと

自然な表現

自然で不快感を与えない伝え方って何だろうと、自分の反省を込めて考えてみました。◎人間、隠したい気持ちも羞恥心もあるのが自然だと思います。。ですからあえて、無理に、全部表現しなくても良いと思います。。。(日本には、「秘すれば花」「言わぬが花」という文化もあるのですから。」。。。)全部表現しないことが、かえって、その人の陰影となって魅力と映ります。◎人間、強いところも、弱いところがあるのが自然だと思います。ですから、プラス発想で、行け行けモードばかり表現されても圧倒されるばかり。まあ、ベースは、プラスモードでも、弱さもありのままに時に表現されると同じ弱い人間としていとしく思い共感します。「自然だね。」って。◎人間完璧なところと、不完全なところがあるのが自然です。ですから、完璧なところばかり見せられると不自然な息苦しさを感じます。不完全さも見せられると、自然で相手をほっとさせます。◎人間、相手を傷付けたくない。不快な思いをさせたくないという思いやりがあるのが自然です。ですから、あまり、真実そのままに、自分の苦労した話ばかりされても、周りを重苦しくさせてしまいます。
相手を辛くするのは、身のたけに合わない無理が感じられたり、苦労したネガティブな面ばかりが表現されたり、相手を尊重しない伝え方をした時でしょう。ものごとは、何でも、楽しい面50%、苦しい面50%だと思います。それを分かった上で、あえて、苦労話はしないで、楽しい面を伝える人は、粋で大人で素敵な人だと思います。周りに、楽しい気分を言葉で与えてくれるからです。何でも物事や人のプラス面に、目を向ける。そして、表現するのは、楽しい面だけにする。
母は、料理しても、「私は楽しんで作っているから、何でもないよ!!」と言ってくれます。
漬けものを、私に教えてくれた方も、実に楽しそうに漬けていました。
肝心なのは、完璧な完成品を作ったかではなくて、楽しい気分でやったかどうかだと思います。
それから、自分と相手の不完全さも、自然なことだといとしく思い許すことかなと感じます。
016.gif
d0165579_1731627.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2013-01-09 16:58 | 和ごころ

変えすぎないでシンプルに!

ベーシックを、アレンジする世の中です。新しさを、次々出していかなければ、あきられたり競争に負けたり進歩が無いと言われたりするのでしょうか。 でも、無理に変え過ぎておかしなものになっている場合も多く見かけます。 たとえば、コンビニで買ったシュークリームですが、新しいバージョンで、もちもち ぷにゅぷにゅした食感のシュークリームです。コンサバ系の私は、「私は、ぱりぱりの皮の、クリームの入ったシュークリームを食べたかったんだよ~!!これは、シュークリームではない!!食感が違う~!!餅の食感なんか求めていないよ~」と欲求不満になってしまいます。パソコン系も、毎年新しく変えられると、私なんかは、かえって使いにくくなります。 シンプルだけどコアだけは、大切に。。。あまり、無理 に変えるとそのものらしさが無くなるような気がするのですが。。。012.gif
d0165579_15293845.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2013-01-09 15:26 | 私のこと

年賀状とおせちと絆

料亭からの年賀状→料亭などは、ご縁がありませんが、退職の時に、お世話になったことがありました。 とても、そこは、別世界で浮世を忘れさせるような空間でした。お料理の素晴らしさ、気くばり、本当に夢のようでした。その料亭から、さっぱりご無沙汰の私に(なにせ年金暮らしなので。。。)毎年年賀状を、送っていただいております。その誠意には頭が下がりますが、ひとつ残念なのは、あまりにも、内輪の苦労話を、正直に書いておられる事です。いかに苦しい状況で料理に誠意をもってとりくんでいるかという様なことが記入されております。あまりにも、シリアス!!あまりにも現実!あまりにも真面目!だと思いました。何ごとも苦労は付き物!!あれほどのお料理の陰には、どれほどの苦労と手間がかかっているかは、普通の大人ならば察しが付くと思います。でもそれを、あえてその苦労を言わないのが粋だと思います。だって、お客は、現実では苦労に疲れて、料亭では、ひとときの夢の空間の別世界で現実を忘れたいのですから。

おせちはあせらず楽しんで→今年のおせち料理作りは、何だか楽しかったのです。どうしてだろうと思ったら、それは、私自身が「おいしいおせちが食べたい」という気持ちで、真心こめておいしくしようと楽しみながら作ったからです。それから、「あせってみたって、同じこと♪」と、年の瀬であせりがちな気持ちを、ほっこりな気持ちで作りました。決して上手ではありませんが、苦しみながら作った完璧な料理よりも、楽しい気持ちで作った不完全な料理のほうが、食べる人も気持ちがほぐれるような気がします。私の料理の出来ばえは、上手ではないのですが、おせちのおいしさって、アラカンの年齢になると気付くようになるのかなって思います。日本人の遺伝子が、豆、昆布、小魚のおいしさを記憶しているからでしょうか。

絆・ 人間関係→①退職後は友人をふやさなければいけないという情報に踊らされる。 ②だいたいは、今後利害損得メリットの無い関係にエネルギーとお金と時間をさこうとはしないのが普通。これが、生物界の自然淘汰。今後の利害損得に関係なく心で人と逢おうという人は、かなり品性の高いめずらしい人である。誰でも、できれば負担を避けたいのだから。昔の優しい思い出を頼りに、もっと付き合いを深めようと欲張るのはやめよう。相手だって、やっとこ生きているのにこれ以上負担がかかるのはいやだろう。交際を深めようとすると無理がかかり、せっかくの優しい思い出まで壊れてしまう。付き合いは相手の負担にならないように淡くがポイント。③自分からは誘わなくなる。こんど、いつかお逢いしたいと伝えられても、相手が具体的日時を言ってこないかぎりは、単なる社交辞令と判断して本気にしない。しかし、誘われれば断らない。自分の時間のうちのほんの少しの時間ならば、こんな自分に逢いたいという相手の気持ちのほうを優先させるのが、私流だ。とにかく、生きている人間の気持ちを一番大切にしたい。相手の気持ちも痛いほど分かるので傷つけるのもイヤ。④何度か、情報に踊らされて、家に客をお招きするが、莫大なストレスになり、結論は、人と逢うのは、お店にかぎる。家に客を招くのは、料理上手な人のやること。自分のテリトリーに他人が入ってくるのは何だかいや。ということになる。そして、たとえ、外のお店で逢っても、限りなく迷いは続く。以前は自分から誘っていた時期があったので、その時も、誘った自分のほうがおごらなくちゃならないだろう。でも、相手もそれでは、気が重くなるだろう。相手の車に乗せられた場合も、お礼としてコーヒーぐらいごちそうしたいが、それも断られたらどうしよう。などなど    かように対人関係ほどストレスになるものはない。自分の一言を相手が曲解勘違いして相手を傷付けているかもしれない。食事をしても、おごったり、おごられたり。家にお招きされたら、自分の家にもお招きしなくっちゃ。お土産いただいたら、こちらも、お土産のお返しをしなくっちゃ。プレゼントにもお返しを。。。④人と逢うには、人の家ではなくて、外の店とか、カルチャーセンター、会組織で割り勘(個人の場合はどっちから誘おうとも)会費制でやる。お土産交換もなし。特に、年齢の近い者同士の手作りは自慢や競争となりやすい。家に客を招くのは相手から言われてどうしても避けられない時にかぎる。  以上が私のありのままのレベルです。 でも、これらの大変さを乗り越えて相手を大切に想う気持ちで楽しい時を過ごせたときは、最高です。024.gif

d0165579_16124292.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2013-01-08 14:53 | 私のこと

美しい日本人になるために

明けまして、おめでとうございます。気持ちも新たに、今私たちが、美しい日本人としてよみがえるために、もっとも大切な事は、何かと考えてみたいと思います。(すごく堅くて、まるで一昔前のNHK放送みたいでしょ!大それてしまって、ごめんなさい。)    私なりの考えとしては、それは、◎「お役目」、◎「尊重」だと思います。今どきの言葉で、○「ミッション」と○「リスペクト」と表現して抵抗なく若い人にも受け入れていただく道もありますが、ここでは、日本語で表現したいと思います。

  ◎「お役目」→自分に与えられた仕事が、たとえ歯車のひとつにしか見えない地味で目立たない仕事であっても、その歯車が欠けたら全体が崩れてしまい迷惑 をかけるという責任を感じることが大切だと思います。 「与えられた歯車を、誠意をもってキレイに磨くのだ。」という気概で仕事に臨まなければと思います。たとえ、その与えられた仕事に対して興味が無くても、それ当然やるべきです。なぜなら、それは、プロミスだからです。やりたい事だけやるのではなく、やるべき事をやるのが仕事ですものね。そのプロミスを果たした上で、自由とかを言えるのだと思います。 
       昔の日本人のように「お役目」を大事にして、自分の好き嫌いよ り優先しましょう。 
           警察官は、警察官のお役目を!
           先生は、先生のお役目を!       
           お母さんはお母さんのお役目を!!  各々はたして美しい日本へ!!  
            

  


 ◎「尊重」→
 どのように見える人でも、この世の中には、バカにされてもよいという人は、一人も居りませ
          ん。 すべての人に各々貴い仏性が備わっているからです。どんな立派な理屈を言っても、
          相手に対して愛と尊重の気持ちで接しなければ、相手は聞き入れないでしょう。誰にも上から
          目線で言わない様にしたいですね。えらそーに言ってしまったけれど、私もそうでした。反省!
          ごめんなさい。よく人より優れた特技が無いと落ち込んでいる方(私も)がいらっしゃいますが
         「愛と尊重の心で誰にも公平に接する。」ことができれば、それこそ立派な特技です。
         弱い人に対するイジメなどの無い美しい日本へ!!
043.gif
d0165579_14192426.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2013-01-08 11:16 | 和ごころ