いとしきアラカン

itosikiara.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ひきつづき、手帖から

◎今、手帖を読み返すと、おかしな感じ方だと思いますが、当時は、本音として実感したことなので記帳していたのでしょう。

○コンピューターは美しい!! 職場ではコンピューターガールになる。 無駄がなくスッキリ!!
 感情は醜い!! 職場では感情に流されない。 感情は無駄でドロドロ!!

○個人的感情や思惑、個人的損得に流されずに、全体的な視野で、ベストウエイの判断ができる人は、
 さすがプロ!!

○仕事というものは、給料をもらっている以上失敗は許されなくて当然!!そこが友情、家庭と違うところ。

○下町風キャラでも、職場では、爽やかさとシンプルさを、モットーに!!

○職場では、明確に説明できる人に!!

○あくまでも、公私とも相手のニーズに答える事が最優先される。
     ↓
  何よりも、お役目をはたしているという事。 (1996年手帖から)
d0165579_15485687.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2012-09-29 15:46 | 私のこと

絆は、温かさとわずらわしさのセット

絆が大切だと、よく言われます。絆があれば、ハートが元気になって生きる希望が出てくるのは事実です。
でも、何でも物事には両面あると思います。 絆という意味は、本来動物をつなぎ止める綱という意味だそうです。動物は、綱というしがらみがからみついてわずらわしいので、その綱をはずして自由になりたいと思うのも当然です。でも、絆を断ち切り牧場に独りになった動物は、どうして生きるべきかわからなくなり、自由だけれどハートは元気をなくし寂しくなるでしょう。そこで、また絆を求めて繋がろうとします。結果、ハートは元気になり温かくなるでしょう。だから、絆を結ぶときは、温かさという良いことだけではなくて、わずらわしさも引き受ける覚悟が必要なのだと気が付きました。その覚悟の上で、それでもプラスの方に目を向けて絆で繋がろうとする選択が大切なのでしょう。絆の第一歩は、相手の瞳を見て笑顔を送ることからでしょう。ものごとのプラス・マイナスの両面のうち、プラスのほうを選択する力、つまり物事から逃げずに苦にしない力も、その人の能力だと思います
012.gif
d0165579_13491927.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2012-09-26 13:45 | 私のこと

皆、生きるのにせい一杯

本音言います。人生生きるだけで充分大変です。誰でも歳を重ねれば、家族に対してお役目をキチンとはたして衣食住をこなすだけでも、心身的にも金銭的にもギリギリラインかもしれません。  そこに新たな負担がやってきたら、避けたくなるのも当然の事です。他人に対してならば避け様と思えば避けられますから。
 過去に、私に対して優しくしてくれた方々のイメージを頼りに、その方々により接近しようとしたら婉曲に断られて傷付いた事があります。
  
   美しい思い出から先の領域に進んでは、いけません。
皆、それ以上は辛いのですから。晩秋に、春の楽しさや優しい人達を思い出して、「春よ!もう一度!」と望んでも、春は来ません。あの時は、すべて春という時期だから出現した事象なのですから。
  
  「いつか逢おうね!! 今度逢おうね!!」も、まともに                                              信じてはいけません。
皆、せい一杯で、よっぽど今後もおつきあいをしたいと思った相手としか逢おうとしませんから。
014.gif


  以上の感想をもって、かえって心からサバサバと許しのモードに入ったアラカンでした~!!003.gif
d0165579_11285554.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2012-09-26 11:10 | 私のこと

笑顔は浄化

笑顔は、浄化!!

笑顔は、苦から楽へのチェンジ!!

あなたの役目は、笑顔と心からほめること!!

笑顔は心の強さ!! 相手のための笑顔なら無理などないよ!! 瞳を見てね!!

笑顔は、自分と相手への許し!!

笑顔は、欠点も含めてまるごと好きですサイン!!

笑顔は、そのまんま受け入れOKサイン!!

先をクヨクヨ考えず、まず現在を楽しもう!!  子供の様に!!

うまくいかなくなったら、又その時考えよう!! あなたが選んだ道だから!!

笑顔でいれば、良い流れに変えられる!!

笑顔は幸せの種だから!!


001.gif


   お金でサービスする事が難しくなってきました。
   これからはは、笑顔でサービスにきりかえます。ただ転んでいられませんから~!!
032.gif
d0165579_10542319.jpg


       
[PR]
by itosikiarakan | 2012-09-26 10:45 | 私のこと

親にも言葉で「ありがとう!!」

私は駅の駐車場のベンチに座って、中学生や高校生が、親御さんから車で駅まで送ってもらっている姿を見ていました。そしたら、なんとほとんどの中高生が、親御さんに対して一瞥もせず「ありがとう!!」も言わずに無言で、当然のように不機嫌な顔で車から降りるのです。「親しき仲にも礼儀あり!!」親だから気をつかわなくても良いというのとは別で、親であっても、当然言葉で「ありがとう!!」というのが礼儀です。その方がずっと品良く美しいです。日本を美しい礼節の国にしませんか?045.gif
d0165579_17201290.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2012-09-11 17:18 | 和ごころ

自分さがしなんてやめませんか?

情報に踊らされて、自分さがしで自分を追い詰めるなんてやめませんか?
「退職後、何してるの?」この質問がプレッシャーです。家事以外何かやっていないといけないのですね。
社会的に趣味的に誇れるものを答えないといけないと言われるとプレッシャーです。
答えられない人も、みんなそれぞれの環境で、一生懸命その人らしく生きていると思いますよ。ただ、わざわざ皆さんに言えるほどのことではないと思って表現しないだけだと思いますよ。ひまわりだけが認められるのではなく、萩の花でも地味ですが、それぞれ一生懸命生きていますよ。理想主義が自分を追い詰める原因になる場合もあります。理想どうりにいかなかった場合は不幸と感じるのですから。それよりも、成功も失敗もすべての現在のありのままを受け入れて慈しむ事が人生の味をまるごと味わえるということになると思います。
 
    人生は、あやとり
    どんな風に取られても
    美しい形で返す。
    良いことも、悪いことも
    すべてを受け入れ、慈しむ。 

d0165579_1734013.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2012-09-11 17:01 | 私のこと

梅ちゃん先生と価値感の平等

朝ドラ「梅ちゃん先生」もゴールに近くなってきましたね。私が、このドラマから感じたのはすべてのものへの「リスペクト」です。今の時代は、価値感の多様化で何が良いかは個人の選択というふうになっています。「梅ちゃん先生」の時代は世間一般の価値感がまだ多様化していず、世間一般の価値の相場が、ほぼ固定化されていたと思います。それにもかかわらず、伝わってくるメッセージは「社会的地位で人は差別できない。みんな、それぞれの持ち味で平等にすばらしい!!」というすべてのものへのリスペクトです。高学歴の医者や教授ばかりに価値があるのではなく鉄工所で懸命にレベルの高い仕事をする人や、町医者として地域の心に沿って仕事する人、味と安らぎのための食堂の人、家事を一生懸命真心をこめてする人、すべて平等に素晴らしいと感じます。その象徴が、鉄工所のノブと医者の梅子の結婚です。さらに、「表向きの性格能力で人は差別できない!!結果や内面で総合的にみれば、みんな、それぞれの持ち味で平等にすばらしい!!」というメッセージも伝わってきます。一見不器用な梅子ですが、相手に対する思いやりの深さや、根気強さで、結果的には大きな仕事をやりとげます。一見器用にソツなくこなす松子に劣っているように見られがちでしたがなんら遜色はなく平等です。表向きの器用、不器用だけで人を差別したり裁くべきではないと思います。すべてのキャラにリスペクトであれば、今話題のイジメ問題もなくなるでしょう。兎と亀は平等で、むしろ最後には亀が勝つのですから。058.gif
d0165579_16463244.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2012-09-11 16:31 | テレビ・ラジオ

そのプレゼントは誰のため?

プレゼント(品物や笑顔)は難しいです。そのプレゼントが、相手を想ってのプレゼントか、自分が悪く思われないための自分可愛さのためのプレゼントかで、表面的には同じものでも与える印象が違ってくると思います。
自分が相手を想ってプレゼントしたのに、機械的に義理返しのため、さっそく心を込めない品物をすぐ送り返されると不愉快だという方もいます。反面、ちょっとした品物でもいいからお返しされないと無視されたように感じる方もいます。心を込めた手作りの品や、すごくおいしいものや、旅の土産や手作り野菜はOKだが、買ってきた品物や金券は心がこもっていないので受け取らないというのも偏狭だと思います。誰でも手作りの品や、すごくおいしいものや、旅の土産や手作り野菜などの自然なプレゼントを手に入れられる環境に居る訳ではないのです。そのような品を求められても苦しいだけです。でも、プレゼントをいただけば、自然と感謝を形で表現したくなります。どうか、その時わざわざ買ってきた品物や金券だから受け取れないなんて言わないでほしいのです。それしかできない人もいるのですから。感謝の表現はその人の環境によって一番無理のない方法になるのを理解してほしいのです。 それから、品物を送られたらば、たとえその品物を頂くのがイヤであっても、自分を思って送ってくれた気持ちには感謝するという意味で、お返し物はいいから、電話で届いた旨を、スピディーに送り主に返事してあげるのが、一番大事なことかなと思います。迷惑ならば、その時本音を言ってくださいね。誠意をもって言えば必ず通じますから。迷惑だからといって無視という形で反応するのは、せっかく送ってくれた相手の気を毎日揉ませることになるので。
012.gif
d0165579_1632987.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2012-09-11 16:00 | 私のこと

まず自分を許して認めてから

他人に対しては、「許しと愛(認める)」の心で対応するように私たちは、言われてきました。でもその前に、きちんと、自分の弱点を受け入れて許して、弱点も含めた全部の自分を認めて慈しむことをしてこそ、本当の意味で他人に対して、「許しと愛」の心で対応できるのだなあと近ごろ気がついたのです。012.gif
d0165579_15152255.jpg

これから私は、他の誰に対しても視線と笑顔で、それを送りたいなと思っています。「欠点も含めてあなたを祝福しますよ~」というエンゼルハートを添えて!!若干ブキミな気分になるかもしれませんが、耐えてくださーいね。人生、辛抱が肝心ですよ~!!
016.gif
[PR]
by itosikiarakan | 2012-09-11 15:12 | 私のこと