いとしきアラカン

itosikiara.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

行ってみたいな!!

実際、行ってみるとイメージと違うかもしれませんが、こんな所に行ってみたいな!!

☆朝市ー仙台の青空市場と、zensaku(居酒屋)

☆鶴岡ー焼き物とレトロな建物

☆佐藤初女さんの森のイスキア

☆とげぬき地蔵ーばあちゃんの原宿

☆台湾ー食べ物 癒されそう

☆シンガポールーキレイで、エキゾチック。しかも、近い!

☆東京ー下町路地裏

☆川越ー江戸情緒

☆仙台ーマナーハウス サロン デ グラッツィア


 ほとんど、テレビ情報からでした。 
 012.gif
d0165579_16394761.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2012-05-17 16:38 | 私のこと

「下山の思想」から、私のまわりを考える

ちょっと前にベストセラーになった、「下山の思想」を、市の図書館から、やっとこ借りることができました。著者の五木寛之さんは、以前から、一般常識の裏にある評価されていない部分に光を当てて、その意味を再認識させてくれる作家さんでした。私も若いときは、正義はひとつと思いこみ、その狭さから強く主張できました。でも歳を重ねるごとに、すべての価値感に意味があり、どの意見にも一理があるものだと気づくようになりました。
何が絶対的に正しいかなどとは、簡単に言いきれるものではないと。

一般常識ー「身体の障害については、絶対に人間としてからかってはいけない」
職場に居た私は、ある少年が、友人の障害のある少年を、からかっている現場を目撃しました。そんなことは
人間としてどこから考えても許されないことだと信じている私は烈火のごとく、からかった少年を叱りました。
その結果、二人の少年は、気まずくなり付き合いをやめるようになりました。私にかばわれた障害のある少年
も、私に感謝するどころか、プライドもあるのか迷惑そうでした。からかった少年は、劣等感の強い少年だったので、障害のある少年と接するときのみ、優越感を感じていたのかもしれません。もちろん、そんな付き合方は、嘘とまちがいですが、その嘘とまちがいであやうく絆が接着されていたのでしょう。その嘘とまちがいで、あやうく繫がっていた唯一の絆を、私は正義?の刃で、バッサリ切ってしまったのです。

一般常識ー「嘘は、絶対いけない。」
私たちの付き合いを、直視してみれば、ほどほどの嘘を許しあっているからこそ維持できている面もあると思います。 蒸留水は純粋すぎて実用には使えませんよね。

一般常識ー「ファンタジーなどに逃避するのは良くない。」
その人にとって、現実が辛すぎたりすると、自分の精神を維持するために、その世界が必要なのかもしれません。ずぅーっと、現実に向き合えないのは、良くないけれど、シリアス一辺倒だと、精神を壊してしまって思いつめたことをやってしまうこともあります。それよりは、逃避かもしれませんが、安全弁としてステップのひとつとして、止まり木的に立ち寄るのも有りかなと、感じています。同じタイプとしては、昔話に逃避するのも、近ごろの研究では、むしろ脳に良い効果があるのだそうですね。今までは、後ろ向きな生き方として評価されなかったのですけどね。

一般常識ー「ぼんやりしている時間は、時間を無駄に使っている。」
目に見える物を生産しないと、人生を無駄にむなしく過ごしているように思われがちですが、香山リカ先生もおしゃっていらっしゃいますが、ぼーっとしている時間こそ、良いアイディアが生まれたり、その人らしさが豊かに育まれていくという絶対必要な時間だそうです。そんな無心の時はアルファー波が出てそうですよね。

一般常識ー「完全な姿を人様にお見せするべきだ。完全主義をめざすべきだ。」
職業としての仕上がりは、もちろん完全主義を目指して努力するべきでしょう。職業に甘えは許されませんものね。でも、プライベートでは、むしろ、不完全こそ必須条件だと思います。完璧主義の人とのお付き合いは
無理が重なり疲れます。相手を辛くします。くつろげません。相手の人もダメな部分を出せないので緊張して
ありのままでいられません。完全主義は、長続きしないと思います。 不完全こそ自然体!! 不完全こそ癒しの素!! 不完全こそ必須条件!!


一般常識ー「先生という呼び名が一番敬意をこめた呼びかただ。」
職種が先生でもないのに、先生と呼ばれて嬉しいですか? 先生と呼ばれて嬉しいなんて、恥ずかしい。まあ教育職をかちとるための、運動だったのでしょうけど。

一般常識ー「人に与えることは良いことだ。喜ばせることだ
自己満足と優越感の場合もあるので、必ずしもそうは言いきれない。かえって、相手の気を重くすることも多い。

一般常識ー「お返しのプレゼントは、相手に負担をかける金券は受け取れない。でも、手作り作品ならば、金かけずに心がこもっているので気軽に受け取れる。」
手作りでなければと言われると、逆にプレッシャーとなり気持ちに負担がかかります。むしろありあわせの金券ほうが気軽にすむ場合も多いです。

一般常識ー「虚礼・行事・記念日は廃止すべきだ。」
年賀状、お中元、お盆、彼岸、お歳暮、大掃除、その他は、内心ストレスが無いとは言いきれないものがありますね。しかし、人間は、放っておいたらば、だいたい楽なほうへ、楽なほうへと行ってしまうと思います。そういうイベントにかこつけて、絆をやっとこ紡いでいるのかもしれません。理由がないとなかなか逢う機会もありませんよね。年中行事だからこそ、定期的に絆の接着とメンテナンスが補われるという面もあるのかなと思っています。

一般常識ー「何でも、真面目が一番だ。」
真面目が原因で、喧嘩になることも多いと思います。テキトーに、やり過ごすことで、かえって周りに迷惑をかけずに済むことも多いのではないでしょうか。

一般常識ー「無為はいけない。趣味やボランティアをやらずに過ごしているのは無価値」
目に見える趣味をばりばりやって、それを周りにどんどん宣伝している人もいますが、それはそれで立派だと思います。しかし、それが、周りの人を逆に辛くしている面もあります。逆に特別な人に自慢するような趣味が
なくても、役目をちゃんとはたし、平凡な毎日を大切に満足して過ごす人もいます。どちらの生き方が優れているかなんて言えないと思います。生きるって、それだけで充分大変で、たとえ目立たなくても、いじらしく、いとしいものだと思うのです。平凡な日常をゆったり大切に味わうって、素敵です。趣味をばりばりやるタイプは、それが自分の器にとってやらずにいられないありのままの必然の結果なのだと思います。その様なタイプの方はそれを伸ばして結果的に周りに貢献していると思います。 逆に特別な趣味は無い平凡なタイプは、それが自分の器にとってありのままの必然の結果なのだと思います。その様なタイプの方はおだやかな心で接して相手を辛くしないことで結果的に周りに貢献していると思います。どちらのタイプも、ありのままの自分に与えられた器の中で、誠意をもってせいいっぱい生きていれば、同じように貴いことだと思います。
無趣味の皆さん!!自信なくさないでね!!(自分に言ってるけど)堺雅人さんも言っていますよ~
  「役目をきちんと継続してできるのが「大人」。 コツコツ続けることこそが、かっこいい!!」ってね!!


一般常識ー「友だちは多いほうが良い。」
性格にもよるでしょうが、ストレスのほとんどは、対人関係からです。私個人は、友人の多い人と付き合いたくないです。そういうタイプは、現在の利害に関係ない人には、メールの返事を返さないタイプが多いからです。

一般常識ー「何でも、前向きで明るいのが良い。」
心理学でも、落ち込んでいる人に明るい音楽を聞かせると逆効果だそうです。私も、やたら前向きに明るいタイプの人と接すると逆に委縮して圧倒されて自信を無くします。だからと言って傷口をなめ合うのではなく、ありのままで、少しずつ進んでゆきたいのです。

一般常識ー「何でも、本当の事ならば正直にいうべきだ。」
確かに、真実の言葉ほど心に響くものです。しかし、それは相手の気持ちを傷付けないという条件付きです。親しいから、本当の事だからといって、相手の気持ちを傷付けて良いということはありません。特に歳を重ねるとストレートな言葉はこたえます。ほめ言葉だから、まやかしということではありません。おせじは言わなくていいから、ものごとの良いところを認めあいたいですね。

一般常識ー「この世の競争には勝たなければ価値がない。それには、自己アピールが大切!!」
それでは、それ以外の人は価値がないのでしょうか。謙虚で奥ゆかしく、内面にはいろんな宝をかくしている人も沢山おります。表面からだけではわかりません。


老いるって、ある意味見方によっては、エレガントになっていくことだと思います。力を抜いて引きかげんこそエレガント!! 山を登る年齢の時代は、いけいけの前進あるのみで山頂めざしてがんばらなければいけなかったと思います。でも人生の季節は、もう秋です。ゆったりと、相手の身になって、相手を引き立て、相手に黄金の座に座っていただく。そんな力かげんで下山ができたらと願っております。むずかしいけれどね。012.gif

     
     
     ☆競争(登山)から、共生(下山)へ。
     ☆勝負(登山)から、癒し(下山)へ。
     ☆評価(登山)から、愛と許しへ(下山)へ。
     ☆できる人(登山)より、一緒に居てやすらぐ人(下山)へ。
     ☆自己主張(登山)より、相手の意見を聞く耳(下山)へ。
     ☆目に見える金・物質(登山)より、目に見えない心(下山)へ。
     ☆見栄(登山)より、ありのまま(下山)へ。
.

d0165579_16134916.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2012-05-17 16:08 |

淡交

歳と共に、交際も、あっさりとシンプルで負担の少ない方法を好むようになってきました。本音を言うと、ややっこしい儀礼中心をこなすエネルギーも少なくなってきているので、一番大事な真心さえこもっていれば、省エネタイプの無理のない交際を好むようになってきました。
 あっさりと、ゆったりと、ふんわりと、義理堅すぎず、見返り求めず、プレゼントあげ過ぎず(相手の心の重荷
 になるので)、水のようにサラサラとこだわらず。。。。。

○今まで一番楽しかった飲み会→親戚の結婚式の二次会で、自宅の2階で、何の料理の仕出しも無くて紙皿に、レタス・ハム・チーズを勝手に取って、好きなお酒を勝手に飲んで、知らない人たちと勝手にお話しをしたのですが、心の負担がなくて最高に楽しかったです。

○今まで一番心に残った訪問→茶と、その家の方が手作りしてくれた手打ちそばで、真心でもてなしていただきました。 余計なものがない清々しさで心洗われました。 理想のおもてなしは、ありのまま!!

○好ましい来訪者→お土産をもってこない。又はささやかである。でも真心あって、にこにこ。遠慮しないで、何でも食べる。くったくがない。

○来訪したいお宅→いろいろ出さない。お土産を手渡さない。何もしない。でも、笑顔で、にこにこ。  いつでもイヤな顔をしない。昼ごはんはアットホームな気取らないソース焼きそばなど、ありあわせ。

○疲れる近所付き合い→自宅に呼ばれたら今度は我が家にもよばなくちゃ。 お土産もらったら今度はお土産を返さなくちゃ。 それが、しょっちゅう。 おごられたらおごりかえさなくちゃ。
これが、しょっちゅうだと、もうクタクタ。 良い学習をさせていただきました。

○疲れる長電話→誰でも、相手の話を聞くよりも、自分の話をすることに興味があります。私も多分に一方的にお話ししがちです。でも、1時間近く長電話する知り合いがおりますが、その方から電話が来るとその濃さに恐怖です。

○手作りプレゼント→私も退職後は、婦人雑誌の影響か、(その時期は、楽しさの裏には大変さがセットされている事に気づかなかったのですね。)手作りのお菓子でプレゼントしたり、お家にお招きすることに憧れをいだき実行した時期もありました。でも、中には、不機嫌な冷たい反応の方もいらっしゃり、それからは、相手の身になり、上手でない私は、家族以外には手作りをプレゼントしない。他人には我が家で接待用とする時のみお出しするという風に決めました。相手の身になれば、よっぽどのレベル作品ならば嬉しいでしょうが、あまり親しくもない人から、あまり上手でない手作りをプレゼントされれば、義理でほめなくちゃならない自分も手作りで返さなければいけないのか。女性どうしの心の底の競争心。借りができたようで、顔を今度合わせるときに気が重いなどの、プレッシャーを与えてしまうからです。

○私の交際の好み→どちらから誘っても、割り勘。 あまり、プレゼント交換なし。 あっさりしていてゆったり。無理が無くありのまま。傷つくのは、ほとんど対人関係からだと思います。隣から遠慮なく醤油を借りたりする付き合いに憧れることもありますが、むしろ現代では、そういう付き合いには、無理と不自然さと心の負担が出てくる様な気がします。竹のようにサラサラと、水のように淡淡と、そして相手に求めずが、今の私の心境です。

012.gif
d0165579_172173.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2012-05-14 17:03 | 私のこと

ゆったり ふんわり

近ごろ思うのは、人との関係も、あんまりキッチリキッチリしたのでは、疲れてくるので、ある意味テキトーと言うか、「ゆったり ふんわり」したほうが、かえってうまくいくのかなと思っています。そして、友だちもそういうタイプの人だと解釈に幅があるので助かります。 歳と共に好みも変わってきました。お茶も渋い濃い熱のよりも、もっとマイルドなお茶に、カレーも辛口からマイルドに、友だちも、ストレート突っ込み系よりも、ユーモア系に変わってきました。人生の季節は、青葉繁れる灼熱の夏から、いつのまにか、ゆったりとした秋になっていたのですね。夏は良かったなあなどと、秋と比較して後ろを向くのではなく、秋ならではの季節の風を味わいたいと思います。他と比較することなく、今与えられた季節に満足して、その条件の中でせいいっぱい楽しめることをやって感謝して生きてゆきたいです。 012.gif
d0165579_14465942.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2012-05-14 14:43 | 私のこと