いとしきアラカン

itosikiara.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ひきつづき、手帖から

◎対人関係について、考えていた頃のメモです。

○引き際を、わきまえる。
○相手の話を、良く受け止める。=話のキャッチボールでは、名ピッチャーより、名キャッチャーになれ!!
○平等に話を、振り分ける人は、本当の紳士淑女である。
○不自由を常と思え!!
○完全主義は、欲張り=欲を、捨てよ!!その方が、うまくいく!!
○本を読んで、それを身に付けた人は、広さ、筋道たった物の考え方、何が正しいかが解る。

                              (1991年 手帖)

d0165579_1827327.jpg
[PR]
by itosikiarakan | 2011-10-31 17:56 | 私のこと

ひきつづき、手帖から

◎成功のポイントは、何だろうと人様から学ばせていただこうと考えていた時期のメモです。

○口で責めるより、体でかばえ!!=手伝う。
○イライラガミガミより、相手をいたわる思いやり!!
○相手の話を聞いてやる親切さ。
○親、先祖を敬う。
○趣味をもって、他人に話題を提供できる話題サービスメリットのある人に!!
○言葉も、やりたい事も、本心に正直に!!
○したくない事を無理してやるな!!=いつかは爆発したり、恩きせがましくなるから。
○サービスは、五分五分で!!=そうしないと、相手をワガママなダメ人間にしてしまう。

                         (1991年 手帖)

d0165579_1593651.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-10-25 15:03 | 私のこと

やったー!!炊き込みご飯

退職して専業主婦になると、仲間どうしで話題になったり問われたりするのは、女子力となります。よく、お家ランチに、お友達を呼んで食事するというのも、ありがちです。
女子力のない(トホホ)アラカンは、困ってしまいます。炊き込みご飯を、とりあえず出せば何とかなりそうなので、何度か練習したことがありますが、柔らかすぎたり、ボソボソしたりで、すべて、人様に出せそうな仕上がりではありません。ところが、ぽぽ母さんの家族の方が、とっても上手に炊き込みご飯を作るのです。そこで、さっそく、アラカンは、ポポ母さんと一緒に、その方に作り方を実習しながら教えてもらうことにしました。やっと、炊き込みご飯の基本が、わかりました。これを基に、定番にするぞー!!と、一歩進んだ気分のアラカンでした~!!(恥ずかしながら、アラカンの手習い。。。60の手習いとは言わないぞー!!)
012.gif

<炊き込みご飯>*皆さまは当然ご存じで上手に作られると思いますので、私の記憶のために

①米2合を洗ってから、30分ほどザルにあげる。

②トリ肉を60グラムを小さく切り・醤油大さじ2分の1・味醂大さじ2分の1・酒大さじ1 の下味を 付ける。

③ニンジン2分の1、ササガキごぼう2分の1(水に付ける)、シイタケ2個、レンコン3分 の1、ササギ3本、油あげ小1枚を、食べやすい大きさに切る。=具

④電機釜に、米、具、コンブ1枚、・酒大さじ2 ・味醂大さじ1 ・砂糖大さじ2分の1 ・塩小さじ2分の1 ・醤油大さじ1.5を入れて、鷹の爪少々、白ゴマ少々を加えひと混 ぜする。それから、水140を加える
⑤炊き込みコースを選び、炊飯スイッチを押す


d0165579_10434632.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-10-15 10:03 | 料理