いとしきアラカン

itosikiara.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ひきつづき、何が良いのかわからない

 ひきつづき、何が良いのかわからないについてです。何が役立つかわからないと思う今日このごろです。一般常識では、「レベルの高いものでなければ、人に伝えるべきではない。」と、一定の水準以上のことのみが、役立つように思われがちです。でも、意外にも、実際立つのは、ささやかなことや、シンプルなことだと思います。たとえば、料理レシピでも複雑すぎる完璧なレシピよりも、「わぁー!!かんたんそう!!ひょっとして私にもできるかも!!」と思わせるレシピのほうが、私なんかは役立ちます。ささやかな何げない日常こそ、何といとしいことでしょう。   ドヤ顔で、「自分こそは、黄金の椅子に座るべきだ」と、相手を見下す心根よりも、一歩引いて、「相手を黄金の椅子に座らせる」心根こそエレガントで美しいと思います。
 前置きが永くなりました。そういった意味で、昨日BSテレビで観た映画は、とっても、面白かったです。    
          その映画の名前は「毎日が夏休み」です。
お母さんは一流会社勤務の夫、成績優秀で人望のある明るい娘を持っていて、それが誇らしく心の支えでした。なぜならそれは、競争的価値感からの一般常識では、勝ち組の証明でしたから。
でも、ある日突然その日常にびっくりするでき事が!!佐野史朗が、雰囲気ある本当の意味
で人間として一番大切なことを知っている賢さのあるお父さんを演じていて、いい味出して
いました。日常生活が何にもできない自分に気づいても、落ち込むどころか、すべて肯定的
に捉えて、自分の心根がエリート社員時代の上から目線の心根に比べて「どんどん謙虚にな って、小さくなって、感謝に満ちてくる」ことに、感動できる人なのです。そこが、強くて 美しいです。そして、日常生活を、どんどんこなしていくうちに、どんどん「人間として本当に生きている生活」を実感することになるのです。佐伯日菜子演じる中学生も、本当にチャーミングでした。思春期女子特有の、ピュアで心根がキレイな感性。。。そして、印象的な言葉と場面が「君が、必要だ!!何てスイートな言葉!!」とスキップしている場面です。これって究極の言葉!!忘れられない映画のひとつになりました。。。。。
 
012.gif
d0165579_16295854.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-08-29 15:42 | テレビ・ラジオ

何が良いのかわからない

 アラカンのお年頃になると、「何が良いのかはわからない」という感慨が深くなります。
 あらゆる事柄には、両面あるという気がします。一般常識では、「真面目」が良いという
 ことになっていますが、「真面目」ゆえに、シリアスな喧嘩に発展することもあります。
 「できる」ということが良いことということにはなっていますが、「できる」ゆえに
 相手に引け目や緊張を与えたり、競争や優越感からくる見下す心を招きやすいこともありま す。「美人」が良いとは言われていますが、同性の妬みを受けやすいかもしれません。
 だから、それが、自分に欠けていると思ってクヨクヨしたり、そのレベルに達していなけれ ば、それを備えていない人を、規格に達してない劣等品と切り捨てるのは、間違いだと感じ
 ます。人それぞれ、ありのままにふるまって、自分の本音に正直に自然に生きていれば、そ れほど、真面目すぎず、完璧にできるところばかり見せず、素顔の自分をみせることになる ので、結果、ほどほどでナチュラルなので、相手も自分もくつろいで幸せだと思います。
 ありのままが、一番!! 花それぞれ、そのままで充分キレイなのですから!!

056.gif
d0165579_18124945.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-08-27 17:40 | 私のこと

アラカン世代こそ朝読書はいかが!

 夏も終わりですね。こんなとき、サイダーを飲むと、夏の疲れと、アラカン世代の「ここまで歩いてきたなあー」という感慨が、シュワーっと、泡となって流れ出されるような解放感を
感じることができます。
 同級生に聞くと、「本を読む集中力が無くなった。」ということです。自然なことだと思います。お目目も活字を見るのが辛くなってくるしね。
 でも、朝に10分間だけだったら、苦になりませんよ。爽やかな朝風のなか、10分間で心
が充実!!昔は、アラカン年齢から、心が子供心にUターンすると言われてきました。これを
プラスに解釈して、より、ピュアにシンプルに本質的に本当に大切なものだけに、(シンプル
コア)洗われぬかれてきたと解釈してもいいのではないでしょうか。そしてその気分を楽しんでも素敵!! という訳で私の朝の10分間読書は、なんと、「楽しいムーミン一家」です。
012.gif
d0165579_1713213.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-08-25 16:55 |

笑える?


笑える? おばさんギャグ?(*でも、けっして、おばあさんギャグではないよ!!)037.gif


◎妹と、老眼について、話していた時の話です。

 
 ○(私) 「私、近ごろ 針に糸通しにくくなってきたから、布団針でボタン付けているよ。」(*真面目に話している)

 ○(妹) 「私は、畳針だよ。」(*もちろん、冗談)
003.gif

d0165579_141858.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-08-09 13:58 | 私のこと

シンプルな詩のつもり

 やるべきことを、やる時は

 やるべきことを、やる時は、

 やる前、ぐずぐず考えちゃダメ

 それが、一番疲れるよ。

 どうせやるなら、サラサラと

 りんごの様に、サクサクと

 サイダーの様に、シュワシュワと

 淡々、キレイな気持ちで、こなしましょ!!


d0165579_11746100.jpg


 
[PR]
by itosikiarakan | 2011-08-09 11:06 | 私のこと

自分のやりたいことと、やるべきこと

去年、自分のやりたいことを、いろいろ考えました。①シンプルでかるーい本音に近い生き方②和のこころで、所作、暮らしを、清々しく過ごしたい。③日本の文化、歴史について知りたい。④基本的な和食の基礎を、身に付けたい。⑤文章を記録したい。
でも、なかなか、進みません。人は、自分のできることで、相手を喜ばせたときに、生きがいを感じるようですが、まるっきり、相手のためばかりでは、続かないような気がします。やる事が、自己実現につながるときこそ、モチベーションが高まり継続できると思います。
それから、心が憂鬱なときは、やるべきことをやらないときだと気付きました。昔から、「そなえあれば、憂いなし」と言いますものね。昔の人は、さすが、偉い!!
005.gif
d0165579_1951232.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-08-07 19:45 | 私のこと

お笑い芸に、もっと深さを!!

「近ごろの○○は」という口癖がでたら、もう立派なお年寄りと認定されるそうですが、アラカンなので、べつに~という気分で、明るい日本のためにあえて言わせてもらいます。
 (*すごいでしょ!!この構え!!)
今のお笑い芸人について、あまり詳しくないのであれこれ言えないかもしれませんが、今の芸は、「一発芸」、それから、弱くて不器用な人をターゲットにして笑い物にする「ボケ突っ込み芸」が多いように感じる。昔も「ボケ突っ込み芸」があったが、なぜか痛々しい感じではなく、ほのぼの ほろりの愛嬌と弱者に対する思いと深さがあったように思う。「お笑いに道徳と思いやりを」というほどの野暮を言うつもりはないが、笑いに心理的な芸の深さ人間に対する洞察が感じられない。いくら芸の上といっても、毎日笑いのひな型として、テレビを見ている子供たちにこんなメツセージを送っていることになると思う。「クラスの中で、太っている人、のろい人、可愛くない人、できない人、不器用な人を、ターゲットにして笑うとおもしろいよ!!そういう事をしてもいいんだよ!!それが、笑いを取る方法だよ!!」というメッセージを!!「弱者だって同じ心があって、いやな事を言われたら傷付くよ」という日本古来の
人間だったら当然ある心に蓋をして!! 今の芸人さんで、わりあい広さと優しさを感じるのは、U字工事の大きいほうの人です。ミーハーアラカンでした!!
016.gif
d0165579_15584841.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-08-03 15:46 | テレビ・ラジオ