いとしきアラカン

itosikiara.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ひきつづき、手帖から

 ◎女子高校生に、私が落ち込んだ表情で「ある人に失礼なことをしてしまったの。。。」ともらしたら、
  彼女は私にこの様にアドバイスしてくれました。
  ○今度会った時に、「すまなかった」という事をもう一度表し、後はサラッと自然に
   ふるまう。
  ○時が、解決してくれる。
  ○当分は、その人にあまり近付かない。
 
 ◎職場の人間関係から、会話や態度で受けた感想をメモしたものです。
  ○礼儀とは、面倒な作法のことではなく、究極、周りをイヤな気持ちにさせない事
   そして迷惑をかけない事につきる。
  ○相手に対して最も失礼な態度とは、相手を否定する、見下げる事だと思う。
   *ありありと、態度や言葉で、「私は利口あなたはバカ、私は正しいあなたは正しく
    ない」という雰囲気を感じた時は、会話する気さえ失せた気持ちになりました。
    この反対のパターンだと、うまくいくと思いました。どんな事も、相手に対して
    尊重する心が無いと受け入れられないものですね。
  ○良いことは、1ミリも報いを当てにするな。
  ○大人同士がこじれたら、後にひきずる事になりやすいので、つとめて竹の様に
   アッサリとシンプルにふるまおう。
   もし、それができないなら表面だけでもアッサリと。
   
                           (1991年 手帖)
  
d0165579_1703866.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-07-28 16:37 | 私のこと

ひきつづき、手帖から

 ◎テキトーで軽く、可愛いくキュートな女子高校生の態度に、「これで、いいんだよね~!!
  効果バッチリ!! 」と、すっかり魅了され得心して、メモしたものです。
  ○バカになりきり、まず、「ハイ」と言う。
  ○理に訴えないで、感情に訴える。
  ○笑顔を忘れない。
  ○リキまない。

 ◎職場の対人関係のありかたを会話の中や態度から感じとり、メモしたものです。
  ○固有名詞を入れた感想は、悪口と誤解されるので、本音を言いたい時は、一般論として
   言う。そして本音は、相手の広さと理解力を見てから、言う。
  ○お辞儀は、いったん頭を止めて、ゆっくり頭をあげる。
  ○みんなでやろう!!
  ○トラブルは避けよう!!
  ○しつこく言わない。
  ○人の役目は、相手の幸せづくり。
  ○神経質になりすぎず、気長にあせらず相手を知ろう!!
  ○ビジネスライクに、他人に干渉しない。
  ○違いを認め、共に生きようとする。
  ○人間的にも仕事にも、レベルアップをめざそう!!
  ○私が私である事。=正直である事。

                        (1991年 手帖)
  

d0165579_1438061.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-07-26 14:32 | 私のこと

目先で決められない

 今度の原子力問題で、アメリカと日本の原子力に対する姿勢と比較を、テレビで取り上げていました。アメリカの技術力はある意味ラフだけれど、大きな被害にいたらないための対策はきっちりしているので、結果大きな被害は招かないそうです。それに比べて、日本の技術力はとても器用できっちりしていて正確なのだそうです。そのため慢心して自分たちを過信してしまい大きな事故を招かないための想定と対策がおざなりになりがちだそうです。結果大きな事故を招いてしまうそうです。どっちが、本当の意味で利口なのでしょうか。一見不器用なほうが、本当の意味で用心するため良い結果を勝ち取っています。そして、一見器用で利口そうなほうが、一番大事なポイントをはずしてしまっているのです。この教訓は、他にも同じくあてはめられるような気もします。不器用にみえる人も、人間として大切な点では利口かもしれないし、目先が器用でも、人間として大切なポイントではダメかもしれません。すべてのものがダメに見えて利口だし、利口に見えてダメかもしれませんね。器用でも責任放棄する人よりは、不器用でも責任果たしてやりとげる人のほうが最後には結果を出していると言えます。    
最終的には、地ならしすれば平等!!
だから卑下する必要もないし、慢心する必要もなし!!
 それから、ミスしても落ち込まないように「小難で大難を避ける」ということわざにも救われます。ドジでも、強く明るく生きる決心のアラカンでした~!!
012.gif
d0165579_1619176.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-07-19 16:17 | 私のこと

あこがれの梅ジャム

 アラカンが、若いとき(今も若いけど、もっと若い時037.gif)「私の部屋」という雑誌をとっていました。あこがれの素敵な生活がいっぱい掲載されていて、いつか、私もやってみたいなあと思っていました。退職したら、やってみたいことのひとつに、梅ジャム作りがありました。やっと、梅ジャムができました。煮投げを3度して、木べらでつぶしてから砂糖を半分入れ弱火でぐつぐつ、そこで種を取り除き、砂糖をまた入れ弱火でぐつぐつで完成!!(*私の部屋レシピは私には複雑だったのでネットの簡単レシピで作りました。)私好みの糖度なので、他の人には酸っぱいかも!!でも、このくらいの甘さが、私は好き!!このジャムでパウンドケーキも作りました。(*酸っぱさをマイルドにするためつぶしたバナナとくるみも入れる。)それから、オードブルとして、ころころきゅうりや、クラッカー、チーズにつけてもいける!!
途中で取り除いた種も、グラスに氷を入れて種をのせはちみつをたらして水を入れると爽やか
ドリンクのできあがり!!
072.gif
d0165579_15421146.jpg

d0165579_15433894.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-07-19 15:14 | 料理

八月の鯨

 テレビで、「八月の鯨」を、観ました。以前にも、観たことがあるのですが、その時は、往年の美少女スターリリアン・ギッシュが演じているという事に興味があって観ていた気がします。その年齢の私にとって、淡々とした日常を描いていて取り立ててストリーがないので、若干退屈でした。しかし、今回アラカンの年齢になって、再度観てみると、この退屈な日常こそが現実そのものでリアリティーがあるのだと感じられます。そして、その淡々とした日常の合間に、無心に海辺の植物が浜風にそよいでいる姿が映しだされます。その姿に生きとし生けるもののいじらしさといとしさが伝わってきます。老いるって、ある意味見方によっては、エレガントなんだなあと感じます。力を抜いて、引きかげんこそ、エレガントの要因ですものね。
 この世のものは、どんな姿も見方によってはエレガントで美しいものですね。。。。。
032.gif
d0165579_1448193.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-07-19 14:44 | テレビ・ラジオ

七夕飾り

 今日は、七夕ですね。柴わんこを尊敬している、ばばわんこの私は、さっそく七夕飾りを作ってみました。普通のサイズの折り紙で折ると、子供会の飾りの様になってしまうので、ミニミニサイズで、シックに大人っっぽく(年齢は、何しろアラカンですから012.gif)折ってみました。問題は笹竹です。暑くて実家まで行ってもらってくる根性もなく、近所を探したら、泥のずぶずぶの小川の向こうに2,3本笹竹が生えていました。しかし、それを採ると、服も靴も泥だらけならなければ採れません。ということで、こだわりを捨てて、無い時は有るもので代用することにしました。(さすが、年金暮らしで鍛えられていますね。003.gif)夏らしい青楓で代用しました。長持ちするよう花かごにいれるところも、やはり、年金アラカンでした~012.gif

d0165579_1549205.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-07-07 15:42 | 行事