いとしきアラカン

itosikiara.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

メールより電話が好き!!

 科学が発達すれば、人間もそれに伴って幸せになるとは思ません。原発もそうだし、携帯電話とメールもそう感じます。
 ◎目の前にいる人を無視してメールをするのは失礼だと思います。
 ◎若い人は、1日中返事がくるかどうか気になってストレスになっているにもかかわらず
  背後霊の様に携帯電話を手離せません。もっと別の事にエネルギーを使ってほしいです。
 ◎ディスプレーされた相手によって返事するかどうかを決める場合が出てくるので,
  それ は人,を選別することになり,選別されない人を傷付けると思います。
 ◎自分からメールを出しても、返事が来なかったりすると、自分は相手にとってどうでもいい存在だったのだと思い知らされるストレスにさらされることになります。      
 という訳で、返事が来ないストレスにさらされるメールや、選別される恐れのある携帯電話よりも、私は、いやがおうでも、相手が出ざるえない、返事がすぐ聞ける、昔からの電話連絡のほうが好きです!!やはり、アナログなアラカンでした~!!
037.gif
d0165579_21215673.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-05-31 18:00 | 和ごころ

料理は、場数?

 手料理でもてなして、説教は一切しないで、ただ一緒に食事するだけで訪れた人を癒す、佐藤初女さんのちらしずしを作ってみました。私の料理をするその姿といえば、本「いまを生きる言葉 森のイスキア 佐藤初女著」を開いて目をはなさずに仕事する様は、まるで二宮金次郎のようです。
 以前作った、別のちらしずしよりも、かんたんで、しかもおいしいのでが、本とくびっぴきを、なんとかしたいです。自己流はイヤなのです。上手な方の料理の基本的なところだけは、頭に入れたい、つまり身に付けたいです。何回もやって体におぼえさせるには、やっぱり、場数でしょうか。なんでも、場数ですよね
016.gif
d0165579_1738538.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-05-31 17:20 | 料理

天上大風

 ひき続き、心の疲れやマイナス気分からの解放についてですが、とっても、気持がおおらかになれる、書と出会いました。良寛さんの「天上大風」です。凧が飛ばない子供にせがまれて書いたらしいですが、その後凧はぐんぐんと飛んだのだそうです。もっと深い意味もあるとかで「地上やその上では、いろいろ大変なことなどで大風が吹いていても、もっとその上の天上では、おだやかな普遍的な世界があるのだ。」ということだそうです。たまには、大空をながめて、こうしなければという思いから解放されて、ぼーっとしたり息抜きしたり、手抜きしたりしたほうがいいですよね。なぜか、気持がほぐれるのは、がんばろう的前向きソングではなくて、なんと、谷啓の「ずうずうしい奴」とか、植木等の「スーダラ節」なのです。テキトーな要素も生きる上での大切なビタミンかも!! でも、いきなり違う世界だけどラジオから流れてきた、幸田浩子さんの歌曲にも、うっとり癒された!!032.gif
d0165579_16574437.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-05-31 16:40 | 私のこと

5月の紅茶

 今日で5月も去ってしまいますね。お天気も良いので、庭でジンジャーハニーティーを飲んでみました。青楓の木漏れ日と、5月の風が気持を癒してくれます。 アラカン世代まで歩いてきた疲れが、ほぐれていくような気持ちになります。癒し系に弱い今日このごろなんです。やっぱり、お年頃? ワインも甘口が好きになり、友達もきつくない人が好きだし、カレーも辛口より中辛に好みが変わりました。音楽も一番好きなのは、ガイヤ系癒し系の仙台在住のアーチスト「稲垣達也」さんです。まるで森の中の風に吹かれているような気持ちになります。CD「One for Wind」「樹の音」「USUBAE」は、ヒーリングミュージック好きな方には、ぜひおすすめです。みんな誰でも、多少の痛みをかかえていると思います。そのような時、みなさんは、どうしていますか? 私もどうしたら良いのかは分かりませんが、この前、早朝のBSTVで「さわやかウインドウ」の巡礼の映像を見て、少しヒントをいただきました。貴い御姿に祈っているのですが、その貴い御姿が祈っている人の痛みを見抜いて、「ああ、それは、痛かったね。ちゃんと、わかっているからね。」と慈しみの眼差しを向けて下さるように見えたのです。それによって、祈っている人のモヤモヤが浄化していく、スッキリしていくように見えたのです。内心のマイナスな思いが、分かっていただいていることによってプラスの思いに変えられるのは素晴らしいですね。058.gif
d0165579_1538829.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-05-31 14:49 | 私のこと

朝ドラ「おひさま」のお父さん

 朝ドラ「おひさま」のお父さんは、とても心のきれいな人だな~と、憧れています!! 
自分を過去に傷付けた人をも恨まずに、親切に接することのできる、現実ではなかなかまれなタイプです。おひさまのようには見返りを求めず、おひさまのように公平に愛の光をを注ぐことを止めない強い優しさは、さすが、陽子のお父さんですね!!
 人間関係では、多かれ少なかれ、傷付けたり傷付けられたりするものですが、簡単に恨んだり、切り捨てたりしないで、強い優しさを持ち続けられたら、心のきれいさを保つことができるのでしょうね。 目先の競争で勝ことよりも、すべての人に愛と尊重で接する事のほうが人生で一番大切なことだと思います。こころのきれいさは、おひさまの光!!フォーエバー!!
058.gif
d0165579_14582915.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-05-26 14:56 | テレビ・ラジオ

マナーって、何?

 マナーって、堅苦しいお行儀のことではなくて、そこに居るすべての人が公平に大切にされていて、誰もがそれぞれの良さを認めあっているあいだがらのための配慮かもしれませんね。
誰でも、多少は、対人関係で傷ついていると思います。
 たとえば、一対一のお付き合いでは、プレゼントを送っても、すぐ電話で「届きましたよ~!!」という一言が無いと、悪気がなくても、送り主に、マイナスの想像をさせてしまうと思います。お返し物が欲しい訳ではないのです。たとえ、その品物が気にいらないとか、今後、送ってくれたその人とはお付き合いは避けたいとおもっても、それとこれとは、別問題と思います。少なくても、自分を思い出して送ってくれたことに感謝の言葉だけは、すぐさしあげたほうがよいと思います。
 それから、集団でのお付き合いでは、人間も動物の一種なので、残念ながら相手の序列を無意識にランキングしているような気がします。私もそのような事には疎くて近ごろ気付いたのですが、相手より出しゃばったりすると、「出るクギは打たれる」結果になる気がします。
 集団でのお付き合いでは、内心だれでも相手にたいする好き嫌いはあっても、公平にその場に居る人に視線と話題を振り分けて、誰ひとり淋しい気持ちにさせない配慮のできる人は、それだけで、場のアーチストと言えると思います。とにかく公平な視線!!それだけでOK!!
 大切なのは、約束を誠実に守ることにつきると思います。自分だけの勝手な解釈で言い訳をして、ささいなことでも裏切りをしてその上あやまらずに、誠実に約束を守った相手のほうが融通がきかない人と逆に批難する人は、自分の立場のみを尊重して、相手の気持ちの痛みに対する配慮がないマナーに欠けている人かもしれません。
 でも、生きていると、このようなことで、口には出せないけれどいろいろ傷付くことがあると思います。へこみますが、そのときは、「せめて、自分だけは、マナーを守ろう!!後は、相手の問題なので、いつか、気付いてくれますように!!」「自分も過去に、無意識にこのように相手の気持ちを傷付けていたかもしれない!!これから自分も気を付けよう!!」と割り切り、自分も、そのマナー違反した人に無意識に許してもらったり親切にしていただいたことを忘れずに、失礼欠点はおたがいさまと、良いところを見て多くを望まずある意味ビジネスライクに割り切ることも、必要かなと!! かなり、くどかったですね~!! ごめんなさい
012.gif
d0165579_1745335.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-05-21 15:52 | 私のこと

価値観は、いろいろ

 今、千早茜さんの、『からまる』を読んでいるところです。その中の「ほしつぶ」を読んでしみじみとした気持ちになっています。若い人のしなやかな感性で人の立場に寄り添って受容していく過程で、読者がかかえているそれぞれの痛みが救済され、その後にキレイな癒しとなって残ります。綺麗な星の砂も、もとをただせば、誰も欲しがらない誰にも注目されないゴミみたいな虫の死骸だったそうです。損する立場や、目立たない行いの積み重ねも、いつしか綺麗な星の砂になるかもしれませんね。だって、世の中、意味の無いものや価値の無いものは、慈しみの目でみれば何ひとつないと思います。たとえ、それが一見、ぱっとしないものでも地味なものでも、大根のシッポでも? ひとつの価値観で小賢しく「あの人は素晴らしい!!あの人はできないからくだらない!!」など裁いて切り捨てるのではなく、すべての立場に愛と尊重で接することが文化だと感じます。何かができる事より、すべての人に対等に愛と尊重で接する事のほうが重要だと思います。価値観は、ひとつではなくて、いろいろだから。032.gif
 
d0165579_11224891.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-05-18 11:10 |

言葉は魔法使い!!

 言霊というように、現実を言葉で変えられると思うのです。たとえば、料理が苦手という現実があるとします。それを、現実そのままに、「私は、料理が不器用で苦手だ。」と言ってしまったら、現実もそのとうりになると思います。同じ現実でも、「私は、料理を器用にこなし打ち込んでいるその時間が楽しい。」と言えば、(*事実と違っても、女優さんになったつもりで演じきる。)少しずつ、現実も言葉に近付くと思うのです。それから、失敗したときも「失敗して、やっぱりダメだなあ」と言ってしまったら、そのとうりになるけど、心の中で「いとしき私の失敗。。。」と言ったら、笑顔の余裕も出て、場もなごむと思います。自分だけでなく、家族や、友達にもプラスの言葉の魔法を、プレゼントできる人になりたいな!!
 それから、震災の方を励ます意味で、「がんばろう!!一日でも早い復興を!!」と連呼される毎日ですが、そんなに毎日、毎日、がんばりだけでは続かないのではと思います。「楽しもう!! ころがろう!!ころころころ。。。ぼちぼち いきますか~」と言われたほうが、力ぬいていいんだな。少しずつでも前に歩み続けていればと、気が楽になって逆に元気が出てくると思います。
 それから、言葉に関してもうひとつ。 この前、美容院に行った時に、お店の方から「そのお洋服可愛いですね!!」と、せっかくほめてくださったのに、私の心の中では、ちょっと若作りだったかな~といろいろ考えてしまって、照れもあって何と答えていいのか戸惑ってしまいました。こんどからは、笑顔ですぐ「ありがとうございます!!」と返事したいです。
012.gifd0165579_16591391.jpg
[PR]
by itosikiarakan | 2011-05-13 16:22 | 私のこと