いとしきアラカン

itosikiara.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

美しい日本人

東日本大震災、大変な目に遭われた方々には、ただ言葉も無く心が痛むばかりです。我が家はなんとか家財と家屋の損傷ぐらいでしたが、この震災に際して、多くの人々から助けていただき、人々の美しい魂に感謝し尊敬する毎日です。自分も大変なのに、他の人のことまで考えて分かち合う姿に、口先だけで自分のことしか考えていない私自身の小ささを反省させられました。以前日本人の魂は、外国からも尊敬されていたそうです。それは、○礼儀正しさ ○勤勉さ ○清潔さ ○人を先にと考える謙虚さと思いやり ○物を大切にする質素倹約 ○和とつながりを大切にする助け合い ○お役目を第一に考える責任感などが、西欧の自己主張で権利を勝ち取るのが当然とする文化圏の人々からは、とても新鮮で美しい日本人の姿として尊敬されていたそうです。近年、日本人も西欧化し自己主張に傾きがちになりましたが、やはり、日本人本来の魂の美しさが、きちんといぶし銀のように浮き彫りなったとという気がしました。なんだか、私が小さいころの、助け合い声かけあう日本人に出会った気がしています。この日本人としての良さが今後も受け継がれますように!!そして、その日本人としての美しい魂でみごとに立ち上がり、また日本人の美しい暮らしができますように!!  というわけで、今まで地球の資源などあまり考えずにムダ遣いと自己中心の私を反省し、質素に必要のない時は写真ヌキの文章だけのブログにすることにしました。(って言うか、言い訳012.gif
[PR]
by itosikiarakan | 2011-03-24 09:36 | 和ごころ

ささやかな事 いろいろ

◎<本>近ごろ読んでいる本は、玄侑宗久さんの「四雁川流景」です。アラカン世代の気持ちに、しみじみと癒される思いが満ちてきます。人は、相互関係の交流の中でこそ生きる力をいただけるのだなと感じさせられます。今まで、忙しさのせいにして、軽いエッセー風の読み物しか読んできませんでしたが、短編でもこういうキチンとしたものをひさしぶりに読むと、「純文学って、端正で、ホントウにいいですネー!!」と水野晴郎さんのように言いたくなります<映画>映画作品ですが、テレビで昨日観ました!!松本清張さん原作の「ゼロの焦点」です。私は、松本清張さんの作品は2作品ぐらいしか読んだことがなかったのですが、すごく人間の弱さに対して、深い慈しみと洞察が伝わって読み応えがあった記憶がありました。とても有名なのに、「ゼロの焦点」は読んだことがなかったので、興味を持って観ました。見ごたえありました!!昭和の色彩が懐かしく再現され、女優さんたちも美しく、特に木村多江さんが、オドオドしながら謙虚な受け答えをする様や、海藻を採って海辺に上がる日本的な清楚ささえ感じさせる姿は、ひたすら優しい哀れさが伝わってとても印象に残りひときわ魅力的でした<近ごろのモットー近ごろ私を支えてくれる言葉は、以前生徒から言われた「へたでもいいんだよ~!!真心さえこもっていれば!!」と、職場の先輩から言われた「必ず、できるから!!」と、友達から言われた「何でも、楽しんでね!!」です。皆さん、ありがとう!!プラスの言葉で楽しくですね◎<料理>退職して、恥ずかしながら初めてつくったのは、近ごろだと「蕗のとう味噌」「海老名香葉子さんのちらし寿司」です。何度もつくっているのに、今いち又は今になのが「切干大根の煮しめ」です。アラカン世代に合わせて表記の戻し時間より2分多くしたためせっかくの葉ごたえが感じられません。今度は、表記どうりの戻し時間にして、へたでも真心こめて、必ずできると信じて、楽しみながら料理するからネ~!!*切干大根の煮しめが、えらいことになったアラカンでした~!!012.gif012.gif

d0165579_16581512.jpg
d0165579_16582997.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2011-03-07 15:14 |