いとしきアラカン

itosikiara.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ほっこり 手作り

 秋になると、なぜか紅茶と手作りクッキーが食べたくなりませんか?(*私だけ?)それで、かんたんクッキーを、作ってみました。ホットケーキの素を使って作ったので、本格的な味ではないのですが、味の整っている市販のクッキーより、なぜか、体が喜んでいるかんじです。近ごろ、自分に「何食べたい?」って聞くと、「誠実な気持ちのこもった手作りや、自然を感じさせる食べ物」という答えが返ってきます。おふくろの味や、黒砂糖や、干し柿や、本当の漬けものや、いちじくの甘露煮や、煮豆や、草餅や、山菜料理や、旬の野菜などが、体が喜びます。でも、なんでも、「おいしい」の裏には、それと同じぐらいの「大変さ」があるはず。真心と手間をかけてこそ、体が喜ぶおいしさに到達できるのでしょうね。よく、皆さん忙しいのに、お家ランチに招待して楽しそうに接待してくださいます。私の、本音は、逆の立場だったら、「ちょっと重荷かな~」です。でも、「自分の作った手料理で、皆さんに喜んでもらえたら嬉しいな。」と思っているのも、本音です。逃げないで場数をこなせば、お家ランチもこなせる女にレベルアップできるのかな?(*すごいシリアス?)
 でも、まごころ込めて作れば、作っている時も、ほっこり!! 食べても、ほっこり!! 相手もほっこり!! 義務感からでなく、楽しんでやれば、すべて、楽しいことにチェンジ!!058.gif
d0165579_1444544.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2010-10-30 11:24 | 料理

アイ ライク ショパン

 昨日、BSで、「戦場のピアニスト」を観ました。声高でない抑え気味の映像が、かえって戦争の愚かさを浮き彫りにしていたと思いました。私としては、最後に立派な姿でピアノを弾いている主人公より、よれよれの姿で、戦場でピアノを弾いている主人公のほうが、カッコイイなと感じました。ついでに、ミーハーな意見ですみませんが、昔のオーソドックスな服装って、どうしてあんなに美しく深い魅力があるのでしょうか!!ソフト帽にマフラーの男性も、ハットにスーツの女性も、渋い色彩で、さりげなく、本当に素敵!! 
 「戦場のピアニスト」を観たのをきっかけに、以前持っていたショパンのCDを、引っぱり出してみました。フジ子ヘミング演奏の2枚ですが、その中での、私の、お気に入りの曲は、「夜想曲第19番ホ単調作品72の1」(*もちろん、詳しくない私は今CDに入っている紙をみながらブログに書き写しているところです。)です。なんと、ショパンが17歳の時に作曲したんだって!!だから、青い瑞々しさが感じられるのでしょうか。それにしても、ショパンって、ロマンチックで秋と、お似合いの気がしませんか?
060.gif

d0165579_1162980.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2010-10-19 11:06 | テレビ・ラジオ

金木犀のいい香り

 窓から、ご近所の金木犀の香りがただよってきて、本当に十月になったなあ~としみじみと感じます。若い時は(*今でも、お年頃ですからね!!念のため。。。)秋は、嫌いでした。だって、だんだん冬にむかうのが、淋しくて。。。(*さすが、文学少女?) でも、近ごろ、秋っていいな~と心から思います。サラサラと爽やかな風に、夏の疲れの残った心身が、癒されていくのが感じられます。やはり、「押せ!!押せ!!」だけが貴いのではなく、控えめなことも、とても素敵なのだと感じれば、すべてのシーズンが美しいと思います。黄昏の夕空も。。。秋も。。。冬も。。。満開の後の植物の風情も。。。ついでに、アラカン世代も012.gif

d0165579_16513433.jpg

[PR]
by itosikiarakan | 2010-10-12 16:49 | 草花